素振りをしないとゴルフが下手になる理由とは?

ゴルフ 素振り 練習法
スポンサーリンク

ゴルフ初心者のうちは、
素振りをするより球を打つ練習の方が効果的
と思う人も多いと思います。

確かに、素振りでは球筋がわからないので、
正しいスイングができているかどうかわからないですよね。



真剣に素振りをすると結構疲れるので、
素振りをないがしろにする人は意外と多いのかもしれません。

でも、素振りをしないと、
次第にスイングすることを忘れてしまいます。

いざボールを前にすると、
当てよう、まっすぐ飛ばそうという意識が働き
飛ばなくなったり、曲がったりします。

それは、当てようとするとスイングにブレーキがかかるからです。

なので、ゴルフのスコアアップのために、
素振りは欠かせない練習法といえます。

素振りをしないと当てにいくスイングになる

素振りをおろそかにして、
ボールを打つ練習ばかりすると、
次第に当てにいくスイングが染みついてしまいます。

当てに行くスイングとは、
体がボールの方に向かっていくスイングです。

本来、頭の位置はボールより後ろにあるのが望ましいですが、
当てに行くスイングになると、
頭はボールの真上か前にいくようになります。

始めはそれでも上手く打てるかもしれませんが、
次第にショットが安定しなくなり
飛距離も落ちてきます。

熱心に打ちっぱなしに通って、
ボールを打つ練習ばかりしても、
当てようとする意識が強くなると
スイングにブレーキがかかり飛ばなくなります。

当てにいくスイングになると、
ダフりやトップが出たり、
曲がったりもします。

中には、当てるスイングで固めてしまって、
それで安定させようとする人もいます。

もちろん、それも悪くないのですが、
かなりの練習が必要になります。

いくら練習してもボールが飛ばないので、
スコアの伸び悩みの原因になったり、
力みが入ってスイングを崩すことにもなります。

素振りをすることによって、
染みついた悪い癖を修正することができます。

実際に打つときのようにアドレスして、
当てようとする意識を捨てて
とにかくトップからフィニッシュまで振り切ることが大切です。

フィニッシュまで振り切る素振りを続けることで、
実際に球を打つときも振り切るスイングで打つことができます。

スポンサーリンク

スイングする力が弱くなる

  • ボールに当てよう
  • まっすぐ飛ばそう
  • 正しいスイングで打とう

という意識で結果ばかりを求めた練習をしていると、
スイングする力が無くなり、次第に飛ばなくなります。

形ばかりにこだわりクラブを振る練習をしないと
スイングに使う筋肉が弱くなるからです。

飛ばなくなると次第に力むようになり、
スイングのバランスが悪くなります。

いくら練習してもうまくならない人は、
負のスパイラルに入っています。

なので、球を打つ練習と一緒に、
素振りの練習も大切です。

スポンサーリンク

素振りをしないと下手になる

これまでお伝えしたように、
素振りをしないで球を打つ練習ばかりだと
上達しないばかりか下手になることもあります。

それは、スイングの形ばかり気にして
肝心なクラブを振ることを忘れてしまうからです。

素振りをしないと

  1. 球に当てることばかりで振る力が無くなる
  2. 振る力がないと飛ばなくなる
  3. 飛ばなくなると力む
  4. 力むとボールが曲がる
  5. まっすぐ飛ばそうとして当てにいく
  6. さらに振る力が無くなる

といったような負のスパイラルに陥ってしまうからです。

ラウンドでもボールが曲がらないように、
スイングにブレーキがかかってしまい
まっすぐ飛ばすことが難しくなります。

中級者でも初心者が打つような
チョロやスライスなどの球になることもあります。

  • 練習してもうまくならない、
  • 最近飛ばなくなった
  • 伸び悩みを感じている

という人は、
是非練習に素振りを取り入れてみてください。

スポンサーリンク


効果的な素振り

素振りをすれば上達できるとはいっても、
ただ素振りをしているだけではうまくなりません。

素振りの意味を理解した上でやらないと
効果が全く現れません。

例えば、インパクトを意識した素振りをすることで
やはり当てにいく癖が染みついてしまいます。

素振りの目的は、
ボールに当てようとする癖を修正することです。

初めは、インパクトを気にせず素振りをして、
素振りの中でインパクトできるような意識が大切です。

ボールを意識しないで素振りをしながら
同じ位置にターフができるように意識したり、
ゴムティーに当てるように意識した素振りが効果的です。

本番と同じ気持ちで素振りする

私がおすすめするのは、
実際に打つときのように素振りをすることです。

例えば、力を抜いて適当に素振りをしたり、
アドレスをいい加減にして素振りするのは
あまりおすすめできません。

ちゃんとアドレスをして、
本当に打つ時のような素振りをすることで
素振りの効果が現れます。

打ちっぱなしでも素振りをする

自宅が狭くて素振りをする場所がない
という人は、打ちっぱなしでも素振りをするといいと思います。

例えば、1球打つごとに3回ずつ素振りをすれば、
100球の練習の中に300回の素振りができます。

それに、素振りをした結果を
実際にボールを打って確認できるので効率的です。

普段、素振りをしない人がこの練習を取り入れると、
すぐに飛距離が伸びたりします。

いつもより練習時間が長くなり、
体力も使いますが、
同じ練習費用で効果大です。

飛距離が出ない、スコアが伸びない、
という人はこの練習を試してみてください。

その他の素振りの種類と効果

ただクラブを振る以外にも
いろいろな素振りのやり方があります。

それぞれの素振りの意味を理解して、
取り組んでみてください。

ゆっくりと振る

ゆっくりと素振りをすると、
スイング中の体の動きを確認することができます。

クラブを正しく動かせられるような、
体動きを染み込ませる練習になります。

宮里藍選手の現役の頃、
1分かけて素振りをする練習をテレビで放送していました。

ゆっくりと素振りすることで、
クラブが正しい動きをするときの
筋肉の動きがわかるようになってきます。

速く振るとインパクト前後のクラブの動きが確認できませんが、
ゆっくりと振ることで確認することができます。

特に、切り返しからフォローにかけては、
クラブの動きがどうなっているのかわかりません。

素振りの途中で何か違和感があるということは、
素振りと同じスイングができないということです。

スイングが止まらないような体の動きをしないと、
実際にボールを打つときもぎこちなくなります。

重いクラブを振る

重い物で素振りをするのは、
スイングする力をつけるためです。

重い物をを振ると手だけでは振れません。

自然と体を使ったスイングが身につきます。

クラブより重い物で素振りすると
ゴルフクラブが軽く感じて
ヘッドスピードが上がります。

なので、飛距離アップしたい人におすすめの練習です。

一番手軽にできるのは、
クラブを2~3本持って素振りする練習です。

持っているクラブを使用すればいいので
練習器具が必要ないのがメリットです。

アイアン1本の重さは300g以上あるので、
3本なら1kg近くの重さになります。

ただし、この練習はスイングしにくいというデメリットもあります。

グリップは持ちにくいし、
クラブがガチャガチャ動くので
とても振りにくいです。

なので、自分の力で振ることが難しくなるため、
クラブの重さに任せたスイングが身につきます。

全身を使った力みのないスイングを目指すなら
この練習が効果的です。

ゆっくりでいいので、
クラブの重さを感じながら
素振りするように素振りしてください。

素振り練習器具を使う

素振り練習器具を使うと、
実際のスイングに近い素振りができるので
振る力を付けるのにより効果的です。

クラブを何本か持つ素振りよりも振りやすいので
重い物を速く振る練習になります。

重い物を速く振ることで
スイングするための筋肉を鍛えることができます。

代表的なのは野球のバットです。

野球のバットは800g~1kgくらいありますが、
思い切り速く振ることができます。

バットで素振りした後にクラブを振ると、
軽く感じてヘッドスピードが上がります。

ヘッドスピードを上げて飛距離アップしたい人は、
重い練習器具を使って素振りすることをおすすめします。

軽いもので素振りする

重い物で素振りするのとは逆に、
軽い物で素振りをしても効果はあります。

軽いもので素振りすと、
速いスイングスピートを実際に体感して
ヘッドスピードを上げる効果があります。

例えば、100m走の選手は、
強い追い風の中で走る練習をするそうです。

追い風の中で最高に速く走ることで
速く走るときのスピードを体感することができるのです。

それと同じように、軽い物で素振りをすることで、
最高に速く振ることを実際に体感できます。

軽いクラブは当然、
通常より速く振れると思います。

この速いスイングを体に覚えこませると、
通常のクラブでも速く振ることができます。

例えば、クラブを逆さまに持って素振りすると、
とても軽く感じると思います。

打ちっぱなしでクラブを逆さまに持って素振りをして、
その力感を持って球を打つことで
いつもより、力強い球が打てたりします。

参考

「力でごまかさないドライバー練習法」を実際にやってみた

まとめ

スイングの形ばかりにこだわり、
ボールを打つ練習ばかりしていると
ボールに当てようとする癖がつき
曲がったり、飛ばなくなったりします。

練習してもうまくならない、
むしろ下手になった

という人は素振りを怠っているからかもしれません。

素振りはゴルフのトレーニングです。

素振りをすることで振る力が身につき、
飛距離アップの効果があります。

また、当てようとする癖も修正できて、
ショットも安定してきます。

練習してもショットが安定しないという人は、
是非素振りを練習に取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました