絶対スライスしない直し方!原因は●●ができていないから

ゴルフドライバー 練習法
スポンサーリンク

一生懸命練習しても、
ゴルフ雑誌やYouTubeを見ても
全然スライスが直らない。

という悩みを持つ人も多いと思います。



確かに、スライスが直らないと、
ボールが飛ばないし
ゴルフがつまらなくなりますよね。

私も過去にスライスで悩むことがありました。

長年理由がわからなかったんですが、
ある点を修正することで
全くスライスが出なくなりました。

スライスの原因がわからなくて、
お悩みの方の参考になれば幸いです。

スライスする原因は?

そもそもスライスする原因はなんでしょう?

インパクトの瞬間にクラブフェイスが開いている
とあちこちで言われていますよね。

私は、それは半分正解で半分不正解だと思います。

私もそう思っていました。

なので、アドレスでハンドファーストを作り、
インパクトまでフェイスの向きを変えないでインパクトする。

そんな打ち方をしていましたが、
スライスも出るしフックも出ます。

トップもダフりも出ます。

確かに、真っ直ぐ飛ぶこともあります。

なぜそうなるのかというと、
クラブフェイスを真っ直ぐ向けようとすると、
クラブヘッドがボールに届かないのです。

無理に当てようとすると、
右肩が前に出てアウトサイドインのスイングになります。

クラブフェイスを開けばスライスするし、
クラブフェイスを閉じればフックします。

フェイスターンができていない

ゴルフスライス

自分のショットがスライスする理由は、
フェイスターンができていないことが原因だ
ということがわかりました。

フェイスターンとは、
クラブシャフトを横に回しながらスイングすることです。

プロゴルファーのスイングはみんな
クラブヘッドを180°横に回しながら振っています。

その証拠に、
プロゴルファーのインパクト後の写真を見ると、
右手の甲が前を向いています。

そして、クラブヘッドのトゥが上を向いています。

こちらの動画では、松山英樹選手のスイングを解説しています。

芹沢プロはほかにもいろいろ解説していますが
前から見たスイングでは
テイクバックは左手の甲がこちら側を向いていることがわかると思います。

そして、インパクト以降は右手の甲がこちら側を向いていますね。

これだけフェイスを返しても真っすぐ飛ぶのです。

前に突っ込みすぎている

ゴルフスライス

スイング中に体が前に突っ込むと
クラブフェイスが右を向いて当たります。

フェイスターンの途中でインパクトするので、
クラブフェイスが閉じる前に当たるのです。

ビハインドザボール、
という言葉があります。

頭をボールの後ろに残せ、
という意味です。

体重移動を意識するあまり、
体が前に突っ込んでいませんか?

あるいは、ダフりが怖くて、
当てようとしているのかもしれません。

しかし、正しくフェイスターンができれば、
頭を後ろに残してもボールに当たるようになります。

低く長いインパクトゾーンになるからです。

先ほどの申ジエ選手の動画を見ても、
頭の位置はボールの後ろに残ったまま
振り切っているのがわかると思います。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

私がやっているスライスの直し方

スライスを直すなら
フックを打って直すのが定石です。

練習場ならどこに打っても平気です。

なので、クラブを思っ切りターンさせて
フックを打ってみます。

打った後右手が前になり、
クラブのトウが上を向いている
ことを意識します。

クラブフェイスをターンさせている時点で
間違いなくフックが出るはずです。

もしスライスが出たらどこかおかしいです。

どフックを打つつもりで
大げさにすることが大切です。

ちゃんとできているか動画を撮ってチェックするのも効果的です。

私も、こんなスマホで撮影できるスタンドを
ゴルフバックの中に忍ばせて
ときどき自分のスイングを撮影しています。


自分のスイングの悪いところが一目でわかるので効果的ですよ!

頭の位置をボールの後ろでキープする

フェイスターンをしてもスライスが出るなら、
頭の位置が前に動いているのかもしれません。

頭の位置はボールの後ろにキープすることが大切です。

スイング中顔が上がっていませんか?

打ち終わるまでは
ボールの後ろを10cmくらいの所を見るように
意識して打ちます。

頭を動かさないというより
後ろに動かすような感じでちょうどいいと思います。

右の肩があごに当たるくらいの感じです。 

松山英樹選手の動画でもビハインドザボールが解説されていますね。

インパクトの瞬間はむしろ後ろを向いている感じです。

ここまでできたら
おそらくフックしか出ないはずです。

100%フックが出るようになったら
真っすぐ飛ぶように調整していきます。

目標に対して背中を向けて打つ

フェイスターンとビハインドザボールができたら、
まずフックしかでません。

左に出て左に曲がる感じです。

おそらく、当てようとして
右肩が前に出といるからだと思います。

このスイングで真っ直ぐ飛ばすには、
目標より右を狙って打ちます。

最初は、目標に対して背中を向けるくらいでちょうどいいです。

そうすれば、ストレートか軽いドローボールになります。

しかし、体を左に向けるとフックが出るので注意が必要です。

ボールに当てようとするとクラブが外から入り、
左に出てフックになります。

なので目標より右を向いて打てるように
十分な練習が必要です。

目標に対して背中を向けることで
クラブがインサイドから下りてきて
軽いドローボールで真っ直ぐ飛ぶという感じです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがですか?

これが今私が取り組んでいるスライスの直し方です。

フェイスターンをしないで打っていた人には、
かなり違和感があると思います。

しかし、フェイスターンをすることで、
インパクトゾーンが長くなり
ボールが捕まえられるようになります。

そして、当てようとする打ち方から、
スイングでボールを運んでいく打ち方ができるようになります。

確かに、フックは怖いですが、
スライスで悩む人は、
クラブフェイスをターンさせる直し方をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました