練習場でのドライバー練習

練習場でのドライバーショットの練習について

ドライバーが上手く打てないので
ドライバーの練習ばかりする。

 

という人をよく見かけます。

 

確かに、うまく打てないクラブを
練習したくなる気持ちもわかります。

 

でも、ドライバーは他のクラブと違って、
アッパーブローに打っていくため、
スイングを崩してしまいます。

 

ドライバーが打てるようになっても、
他のクラブが打てなくなってしまうこともあります。

 

なので、練習場ではアイアン中心に
練習することがおすすめです。

 

ドライバー練習は、
せいぜい10球くらいにしてください。

 

アイアン練習でスイングができてこれば、
自然とドライバーも打てるようになるはずです。

 

もしもコースに出る場合は、
ドライバーが打てないうちは、
「ドライバーを使わない」
という選択肢もあります。

 

あるいは、安心して打てるホールだけ
ドライバーを使うもアリです。

 

1ラウンドのうちでドライバーを使うのは
100回以上のショットの中で
たった14回しかありません。

 

そのために、他のショットの
練習をおろそかにするのは
とてももったいないと思いませんか?

 

ドライバーが打てないからたくさん練習する、
ではなく、使わなくてもOKというように
考え方を変えてみましょう。

 

そうすれば100切りも見えてきますよ。

 

物理学に基づくゴルフ理論とは?

短期間でスイングの悩みが解消、
飛距離も伸びた。

理にかなった理論だから
スイングに自信が持てる。

ゴルフスイング物理学の
レッスン動画の一部をご紹介!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓