トーナメント

トーナメント

クラブ11本で優勝のパグンサン、クラブを減らすメリットとは?

フィリピンのジュビット・パグンサン選手がキャディーを付けず、クラブを11本に減らしたセッティングで優勝しました。ここでは、クラブの本数を減らすメリットについて考えてみました。
トーナメント

渋野日向子のスイング改造は失敗?メジャーで再び優勝するには?

渋野日向子選手のスイング改造についてまとめてみました。渋野選手が再びメジャーで優勝する条件とは?
トーナメント

全米プロゴルフ選手権で優勝した意外な選手の特徴とは?

全米プロゴルフ選手権のコースの特徴や優勝する選手の傾向についてまとめてみました。
トーナメント

全英オープンゴルフ優勝する選手と苦戦する選手の特徴

全英オープンゴルフは、4大メジャー大会の中で、唯一イギリスで開催されるトーナメントです。 イギリスには、リンクスと呼ばれる、コースが、海岸沿いに点在しています。 全英オープンは、このリンクスコースで行われます。(全英女子オープ...
トーナメント

難易度MAXの全米オープンゴルフで優勝した意外な選手とは?

全米オープンゴルフといえば、1980年に青木功選手が帝王ジャック・ニクラウスと死闘を演じて2位に入ったことで知られています。 当時は、日本選手でも世界で戦えるんじゃないか?と期待を抱いた大会でもあります。 松山秀樹選手も201...
トーナメント

松山秀樹の優勝したマスターズの凄さ、難しさとは?

2021年のマスターズゴルフは、松山秀樹選手の悲願の初優勝で幕を閉じました。 日本人だけじゃなく、アジア人の中でも初優勝ということで、あらためて松山秀樹選手の凄さを感じます。 マスターズゴルフは、ゴルフの4大メジャー大会のひと...
トーナメント

パター破壊は一流の証?キムシウのパター破壊問題を考えてみた

2021年のマスターズゴルフは、松山秀樹選手優勝、歴史的快挙で幕を閉じました。 長年の悲願だった日本人のメジャー制覇を成し遂げてくれて、本当におめでとうと言いたいです。 その大会で、韓国のキムシウ選手は自らの商売道具のパターを...
トーナメント

パー5池越えワンオン狙い!デシャンボーの飛距離だけじゃない凄さ

PGAツアーのアーノルド・パーマー招待でブライソンデシャンボー選手がパー5で池越えワンオンを狙ったニュースが話題になっています。 実際、ワンオンには成功しませんでしたが、飛距離的には十分に届いていたようです。 パー5でワンオン...
トーナメント

全米オープン初優勝のデシャンボー!実は緻密な戦略の結果だった

2020年の全米オープンは、ブライソンデシャンボー選手が6アンダーで圧倒的な優勝に終わりました。 当初は、世界ランク1位のダスティンジョンソンや2位のジョンラームが優勝するだろうといわれ、デシャンボーが優勝するなんて、誰も予想してい...
トーナメント

左打ちでイップスを克服した服部真夕の話が参考になる件

週刊ゴルフダイジェスト8月4日号より引用 コロナの影響でのびのびになっていた女子ゴルフの開幕戦アースモンダミンカップ。 その中で私が最もびっくりしたのは、左打ちでアプローチをする服部真夕選手でした。 バンカーのそばや木の...
タイトルとURLをコピーしました