無駄なミスを減らして90切りを目指すコースマネジメント

90切りコースマネジメント ラウンド

コースマネジメントは理解しているけど
その通りできないので90が切れない

という人もいると思います。

確かに、毎ホールボギーオンで
うまくいけば90切りできるかもしれません。



しかし、マネジメントとは
そういうことではありません。

ただボギーオンを狙っているだけだと、
失敗も多いし挽回することが難しくなります。

コースマネジメントとは、

スコアの目標を設定し、
設定した目標に沿ったプレーをする。

結果を元にフィードバックして、
よりよいスコアになるように戦略を立てることです。

コースマネジメントに関しては
こちらの記事を参考にしてください。

コースマネジメントって何?100切りを目指すなら実践すべき

つまり、
コースでは目標に沿ったプレーをして、
プレー後、反省して原因を追求して、
次に生きる対策を立てることが
コースマネジメントです。

自分の得意、不得意を把握すること

コースマネジメントでスコアアップするためには、
自分の得意なショット、不得意なショットを
把握しておく必要があります。

その上で、狙う場所を決めることが大切です。

コースでは苦手なショットを極力避けて
得意なショットで勝負することが
好スコアを出すために必要です。

例えば、

バンカーショットが苦手なら、
バンカー超えのピンを狙わず
バンカーを避けた方向を狙う。

止めるアプローチが苦手なら、
グリーンを外しても転がすことができるように
ピンと反対側を狙う。

自分の得意なアプローチの距離に刻む

などです。

90を切るためには必ずしもパーオンする必要はありません。

やみくもにピンを狙ったり
グリーンに乗せようという必要もありません。

乗せるのが難しいと思ったら、
次に乗せるのに優しいポジションを考えることが大切です。

スポンサーリンク

得意なクラブやショットを選択する

90切りをするためには、
できるだけ得意なクラブやショットを選択することが大切です。

そのためには、次のショットがやさしくなるようなポジションを
考えてショットすることが大切です。

例えば、

ティーショットで失敗してトラブルになりそうなら
苦手なドライバーを使わないで
得意なフェアウェイウッドでティーショットする。

グリーンまで届かず中途半端なアプローチが残りそうなときは、
あえて得意な距離80ヤードを残す。

など、できる限り得意なショットで勝負した方が
結果は出やすいと思います。

苦手なドライバーで距離を出そうとしても
失敗するリスクが高くなります。

距離や方向性が不安定なクラブは使わない方がいいです。

無理にグリーンを狙って難しいアプローチを残すより
得意な距離を残す方が結果はよくなります。

得意なショットで勝負することで、
90切りは近づきます。

スポンサーリンク

ダブルボギー以上のホールは反省する

80台を目指すなら、
ダブルボギー以上のホールは
極力減らす必要があります。

そのため、何が悪くてダブルボギー以上になったのか、
反省することが大切です。

  • ティーショットでOB
  • アプローチでグリーンに乗らなかった
  • ロングパットを3パット

など、悪かった点を反省して
次に生かしましょう。

例えば、

ティーショットOBなら、

  • ドライバーの打ち方が悪いのか、
  • クラブ選択が間違っているのか
  • ティーグラウンドがアドレスしにくい

など、理由は1つではありません。

次のラウンドのためには、

  • ドライバーを練習する
  • クラブ選択に気をつける
  • アドレスの立ち方を練習する

と課題も変わってきます。

このように、次から失敗しないようにどうするか考え、
よりよいスコアにつなげることがマネジメントの本質です。

スポンサーリンク


まとめ

90を切るためのコースマネジメントは、
ただボギーオンを狙うだけではうまくいきません。

目標を達成するために
できるだけ得意なショット、
優しいショットで勝負することが大切です。

そして、出た結果に対して反省をして
次に生かさなければスコアアップは望めません。

90切りを目指すなら、
まず自分の得意なクラブやショットを
把握しておくことが大切です。

得意なクラブやショットで勝負できるように戦略を立て、
戦略通りできないホールは反省をして次に生かす。

これが、スコアアップのためのコースマネジメントです。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました