100切りの壁を乗り越えるために

スポンサーリンク

あと少しのところで100が切れない、
「100の壁」を乗り越えられない、

という人も多いと思います。

最終ホール、ダボで100切り、
なのにOBを叩いて100が切れなかった。
という経験を何度もしている、
という人も多いのではないでしょうか。



100の壁が見えたところで大たたきをする、
という人は、普段からボギー狙いのゴルフが
できていない、ということが考えられます。

こちらの記事にもあるように、
100切りはできることさえきっちりできれば
あっさり達成できるものです。

ゴルフで100切りするためのポイント

ここでは、100切りの壁を乗り越えるための
チェックポイントについてまとめてみました。

同じミスをしない

100切りの壁

毎回同じようなミスを繰り返していませんか?

例えば、

左右にOBのある狭いホールで
ティーショットドライバーを使いOB、

グリーンに届きそうで届かない距離で、
無理に届かせようとしてトラブル、

など、結果的に距離を刻めば
ボギーが取れたかもしれません。

ドライバーやフェアウェイウッドを使って
ミスした時どんなトラブルがあるか
打つ前に考えてみましょう。

パターやアプローチで失敗をする人は、
同じ失敗しないように工夫して
練習するようにしましょう。

参考
効果的なパター練習法
練習場でできるアプローチ練習法

スポンサーリンク

ラウンドを想定して練習する

100切りの壁

本番で力を出せない人に、
ラウンド中を想定した練習をおすすめします。

例えば、あなたがいつもラウンドしているコースを思い出してみてください。

1番ホールは左側OBで右は斜面になっているとします。

練習場でも同じコースを想定して、
ティーショットを打ってみるのです。

「左は行きたくないから安全に右に打とう」

とか

「斜面に行くとセカンドショットが難しくなる」

とか

色々なことを考えながらショットすると思います。

あれこれ考えながらショットすると
どんなショットになりますか?

「絶対OBしたくない」
と思いながらのショットは
どんなショットになりますか?

何も意識せずに打つショットとは
明らかに違いが出るはずです。

いつもの練習場のショットは
なかなか打てないと思います。

同じようにセカンドショットもサードショットも
想定したポジションから打ってみてください。

あなたのコースでのショットに
近いショットが出ると思います。

そして、いつものコースをイメージしながら練習することで
ラウンド時のショットもよくなるはずです。

スポンサーリンク

スコアのことは考えない

なかなか100切りできない人は、
スコアを意識し過ぎているのかもしれません。

確かに、スコアのことを考え過ぎてしまう気持ちもわかります。

でも、スコアに気を取られると、
あなたのプレーがおろそかになってしまいます。

例えば、まっすぐ飛ばそうとするほど、
ボールに当てにいって曲がります。

グリーンに乗せようとすると
頭が上がってダフリます。

パターを入れようとするほど
カップが気になって外してしまいます。

無難に打とうとすると
クラブを振ることを忘れてしまいます。

100が切れそうになっても、
いつもの気持ちで打つことが大切です。

もし、どうしても意識してしまう人は、
スコアを計算しないことをおすすめします。

100切りを意識し過ぎてショットが乱れる人には
いい方法だと思います。

スポンサーリンク


まとめ

100切りの壁

100切りの壁を乗り越えるには、
あなたのできることをラウンド中にも
きっちりやることが大切です。

あなたにできないことはラウンド中にもできないです。

なので、無理にグリーンに届かせようとしたり、
ドライバーで狭いところに
コントロールしようとすることはやめましょう。

結果的に短いクラブで刻んだ方が
いいスコアで上がる確率が高いです。

また、ラウンド時に実力が出せない人は、
練習場でラウンド時のショットを
想定して練習することをおすすめします。

何となく練習するより、
プレッシャーの中で練習した方が
実践に強くなります。

100切りも近づきますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました