ゴルフがへたくそな人の特徴

いくら練習してもゴルフがへたくそな人の特徴とは?

ゴルフ100切り

週2で打ちっ放しに行っているのにゴルフがへたくそ。
長年やっているのに100が切れない。

 

そんな悩みを持つ人も多いと思います。

 

初ラウンドで100切りを達成する人もいる中、
10年以上やっても100切りできない、
という人も意外と多いです。

 

いきなり100切りはできないまでも、
自分よりキャリアが短い友達に
先に100切りされると落ち込みますよね。

 

自分にはセンスがない、へたくそだ、
と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

 

 

80を切るのならともかく、
100を切るのにセンスは必要ありません。

 

200ヤード以上飛ばす必要はありません。

 

アプローチはグリーンに乗せるだけでOK

 

毎ホール3オンから4オンを目指していれば
達成できるはずです。

 

ここでは、練習しているのにゴルフがへたくそ、
という人の特徴についてまとめてみました。


一人で練習する

ゴルフ100切り

いくら練習しても、
一人で練習している人は上手くなりにくいです。

 

その理由は、スランプになっても、
一人では原因がわかりにくいからです。

 

ただ漠然と、自分はへたくそだ、
と思っても原因がわからなければ、
いつまでも上手くなりません。

 

自分のスイングは自分では
なかなかわかりにくいものです。

 

上手くなるためには、
あなたのスイングを客観的に見て、
悪いところを指摘してくれるパートナーが必要です。

 


飛ばすクラブばかり練習する

ゴルフ100切り

ゴルフ練習場でよく見掛けるのが、
ドライバーばかり打っている人です。

 

打ちっ放しでは飛ばさないと
損した気分になるのかもしれません。

 

ストレス発散するならそれでもいいでしょう。

 

しかし、ゴルフのスコアアップには、
それではダメです。

 

ゴルフで大切なのは
カップに近づくほどショットの
確実性を上げることです。

 

練習場では、100ヤード以内の
いろいろな距離からグリーンを狙うショットを
中心に練習すべきです。

 

30ヤード、50ヤード、70ヤード、
3通りの距離のアプローチは
距離感をつかむために必要です。

 

この練習をしておくだけでも、
かなりスコアが変わるはずです。

 

ドライバーは練習してもいいですが、
多くて20パーセント、
通常10パーセントくらいに抑えるようにしましょう。

 


ミスした原因を考えない

レッスンプロに教わっているのに
ゴルフがへたくそな人は、
ミスした原因を考えていません。

 

コーチから教わったことを
なぜそうなのか自分で理解しないと
他で応用がきかないからです。

 

あなたがミスしたとき、
どのような打ち方だからミスしたのか、
理解できなければ修正ができません。

 

例えば、スライスするなら
なぜスライスするのかを考えて、
スライスさせないような対策が必要です。

 

コーチに教わった通りに打っているのになぜだろう?
と思うだけでは進歩がありません。

 

自分のスイングは自分ではわかりにくいものです。

 

なので、コーチのアドバイスを聞き、
なぜそんなアドバイスをするのかを
自分なりに理解することが大切です。

 

また、ゴルフコースでは練習場のように
平らなところばかりではありません。

 

さまざまな傾斜ごとに
スイングにアレンジを加えていかないと、
うまくいきません。

 

どうすれはまっすぐ飛ばせるのかを
考えていく必要があります。

 

ミスの原因がわからないのであれば、
自分よりゴルフのうまい人にアドバイスをもらい、
対策していくことが大切です。

 

パターを練習しない

ゴルフ100切り

ゴルフのクラブの中で、
最も良く使うのがパターです。

 

1ラウンドで30~40、
それ以上打つこともあります。

 

パターの回数を減らすだけで、
5~10打スコアアップが見込めます。

 

ゴルフのスコアアップのためには、
パターの練習は必要不可欠です。

 

しかも、パターは家で練習できます。

 

例えば、1~2m先にペットボトルを置き、
そこに当てる練習ならお金もかからないでしょう。

 

ショートパットを高確率で入れることができれば、
おのずとスコアアップするでしょう。


パターの距離感はコースの練習グリーンでつかむ

ゴルフ100切り

長いパターを3パット、4パットする人は、
距離感がつかめていません。

 

パターの距離感はセンスではなく、
スタート前のパター練習で決まります。

 

パターの距離感は、
ゴルフコースの練習グリーンでつかみます。

 

自分で歩測してみて、
どれくらい打ったら何歩の距離転がるか、
いろいろな方向からパターを打ちましょう。

 

上りはどれくらい、下りはどれくらい転がるのか、
意識しながら練習しましょう。

 

ラウンド前にこの練習をすれば、
パターのミスは激減するはずです。

 

コースによってグリーンの速さが違うので、
ラウンドするコースの練習グリーンで
パターの練習をすることは重要です。

 

ラウンド当日は、
少なくともスタートの30分前には準備して、
パターの練習をしておきましょう。

 

関連記事
100切りに必要なパター上達法

 


まとめ

練習しているのにいつまでもゴルフがへたくそな人は、
他人にアドバイスをもらわず、
自分のペースで練習している傾向にあります。

 

自分がへたくそな原因は何なのか、
追求しないでマイペースで練習していては
いつまでたっても上達しません。

 

例えば、スクールに通いレッスンプロに教わる
というのも一つの方法です。

 

しかし、教わったことをそのままやっているのでは進歩がありません。

 

うまくいかないことがあれば
とことん聞くことです。

 

うまくいかない原因が追求できれば、
自然とへたくそから脱却できるはずです。

 

また、アプローチやパターは、
練習しないだけではありませんか?

 

その気になれば打ちっぱなしでも
アプローチの練習はできます。

 

パターの練習も家でできます。

 

アプローチやパターの失敗を減らせば、
大幅にスコアアップが望めるはずです。

 

練習しているのに100が切れない人は、
ここまでお伝えしてきたことを参考に
練習方法を見直してみてください。

スポンサーリンク