アウトサイドインの勘違い!仕組みを理解して修正する方法

ゴルフアウトサイドイン 技術編
スポンサーリンク

アウトサイドインのスイングとは、
クラブヘッドの軌道がボールの
外側から内側に向かって通過するスイングのことです。

アウトサイドインのスイングが大きくなると、
スライスや引っ掛けの原因になります。



インパクトでクラブフェースが左を向くと引っ掛けに、
目標を向くと左からスライスになります。

クラブフェースが開くと、
右にプッシュアウトしてさらにスライスします。

でも、アウトサイドインのスイングになるのはなぜなのか、
理解していない人が多いのではないでしょうか?

アウトサイドインの仕組みを理解していないと
修正することは難しいと思います。

テークバックを外側に上げてもアウトサイドインにならない

よくある間違えは、
外側に上げて内側に振り抜くとアウトサイドインになる
ということです。

私も最初はそう思っていました。

でも、テークバックをいくら外側に上げても、
トップでクラブはインサイドにあります。

それは、この動画を見るとわかると思います。

あなたは、インサイドに引きすぎていませんか?

まず、テークバックをアウトサイドに上げることは、ほぼあり得ません。

自分の中ですごくアウトサイドに上げていたとしても、
体が右に回転しているので
ボールから見たらインサイドに上がります。

冷静に考えるとクラブがトップで頭の後ろにある限り
アウトサイドに上げることはほとんど無理なのです。

テークバックはクラブヘッドが目に見えるところを通っても
ボールから見ればインサイドなんですね。

むしろ、目に見えないところを通ったら、
まったく当たらないことがわかります。

当たらないので、無理に当てに行こうとすると
クラブヘッドを外から入れようとするので
アウトサイドインになります。

インサイドに引きすぎると
そのまま打ったらどスライスか空振りです。

なので真っすぐ飛ばそうとすると
無理に体を左に向けて
まっすぐ飛ばそうとします。

これがアウトサイドインの原因です。

自分ではインサイドに上げているのに
アウトサイドインになるのはそのせいです。

トップをアウトサイドに上げることは、
クラブが頭より前になくてはアウトサイドになりません。

スクエアスタンスでアウトサイドに上げるには
剣道のようにクラブを体の正面に上げるしか
アウトサイドに上げることはできないのです。

ほぼ100パーセントのゴルファーは、
インサイドに上げています。
(アプローチショットのように小さい振り幅の場合はアウトサイドに上げることはあります)

スポンサーリンク

スイング軌道は上から見ると円軌道になる

ゴルフスイングの軌道を上から見ると
よほど変な振り方をしない限り
体を中心とした半円の軌道になります。

ゴルフスイング

体が向いている方向に対しては、
インサイドインの軌道です。

でも、目標に対して体が左を向いていれば
アウトサイドインの軌道になり
右を向いていればインサイドアウトになります。

一般的にゴルフスイングをするときは、
テークバックで右を向きフォローで左を向く
という回転運動をしています。

なので、アウトサイドインのスイングの人は、
インパクト前後で左を向いていることになります。

ゴルフアウトサイドイン

上の図は、左を向くと
クラブヘッドが外側から内側に向かって通過する図です。

つまり、インパクト前後での
体の向きが目標方向を向いていれば、
アウトサイドインのスイングは修正できます。

ボールの位置が左足寄り

ボールの位置が左足寄りだと、
半円の軌道の左側でボールを打つことになります。

そのため、スイング軌道がインに向かうときに
ボールに当たることになります。

なので、ボールを左に置きすぎると
普通にアウトサイドインの軌道になることがわかります。

さらに、左に置きすぎることで、
ボールに当てようとする動作が入りやすくなります。

なので、さらにクラブが外から入る
ということが考えられます。

すると、クラブフェースが被ってフックしたり
スライスが大きくなったりして
飛距離が出ないしコントロールも難しくなります。

意図的にスライスを打つために
ボールを左足よりにすることは
悪いことではありません。

でも、ボールに当てに行かないように注意が必要です。

スポンサーリンク

アウトサイドインの原因

では、インパクト前後で体が左を向き、
アウトサイドインのスイングになるのは
どんな原因が考えられるでしょう。

一番考えられることは、
打つ前に打球の行方が気になり
目標方向を見てしまうことだと思います。

これは初心者によくあるスイングです。

ボールを打つ前に目標方向に顔を向けるため、
インパクトのときに体が目標方向に対して大きく左を向いてしまいます。

初心者のスライスの原因の多くはこれが原因です。

次に、考えられることは、
バックスイングで右にスゥェーしていることです。

右にスゥェーすることで
ボールの位置が体の中心より左の方になります。

ボールの位置が左過ぎれば、
普通にスイングしてもアウトサイドインになります。

さらに、ボールに当てようとする動作が
アウトサイドインの度合いを大きくします。。

ボールに当てようとすると、
右肩が前に出るため左肩が開く形になり
クラブヘッドが外側から入ります。

ボールに当てる癖のある人は、
すでにアドレスから右肩が前に出る傾向にあります。

後ろから見て右腕が左腕より前に出ている人は、
その傾向にあります。

スポンサーリンク


どうすれば修正できるのか

アウトサイドインの原因をお伝えしましたが、
どうすれば修正できるのでしょうか?

修正の仕方はいろいろあると思います。

大切なのは、お伝えしたアウトサイドインの原因を理解して、
自分に合った修正方法を見つけることです。

正解は一つだけではないので、
いろいろ試して見てくださいね。

打った後もボールのあった位置を見続ける

まず、初心者によくあるヘッドアップによるアウトサイドインは
打った後もボールのあった位置を見続ける、
という練習で修正できます。

打った後も下を見続ける意識でスイングすると、
体の向きがアドレスと変わらないため、
クラブヘッドが外側から入ることがなくなります。

しかも、すくい打ちもしなくなるので、
トップやダフりも少なくなります。

左手のリードで打つ

ダウンスイングで右肩が前に出る人は、
左手のリードで打つ意識を持つと良いです。

右利きの人はどうしても右手で打ちたくなりがちです。

それでも、器用に手が動いてコントロールできるかもしれません。

でも、右手が強すぎるとショートアイアンで引っ掛けが出たりして、
スコアがまとまりません。

これを修正するには、
左手のリードで打つ意識を持つと良いです。

左手リードの意識を持つことで
右肩が前に出る癖を修正できます。

しかし、左手で引っ張る意識が強いと、
やはり左肩が開いてしまうことがあります。

単純に左手のリードの意識でスイングしても、
左に引っ張って体が開いてしまう可能性があります。

なので、左肩を支点として動かないようにスイングすることが大切です。

インパクト後はフォローをとるために
左肩を開いても大丈夫ですが
少なくてもインパクト後までは
左肩を動かさないようにします。

この動きを身につけるには
左手一本で片手打ちの練習が有効です。

初めはアプローチくらいの小さな振りで
左手一本でまっすぐ飛ばせるように練習します。

慣れてきたらスイングを大きくしていって
左手のリードで打つ感覚をつかみます。

アドレスを見直す

アウトサイドインのスイングの人は、
アドレスの時点で左を向いています。

例えば、右手のグリップが
上からかぶせるように握っている人は右肩が前に出ています。

後ろから見ると左手が右手より内側に見えるため、
スタンスは目標方向でも肩のラインだけ左を向いています。

右肩が前に出ている分、
左肩は後ろに引けているのです。

このようなアドレスをしていると
右手で打ちに行って
クラブが外から入りやすくなります。

スライスの出る人は、
まずアドレスを見直してみてください。

アドレスを修正するだけでもかなり良くなると思います。

ボールの位置を右足よりにする

ゴルフスイングは上から見ると、
体を中心とした半円を描いているとお伝えしました。

つまり、ボールの位置が左にあるほど
アウトサイドインになりやすいです。

左足寄りになるほどアウトサイドインがきつくなり、
引っ掛けやスライスの度合いも大きくなります。

ボールの位置が左足寄りにあると、
ボールに当たらないという意識がはたらき
本能的に右肩が前に出ることもあります。

なので、ボールを右足よりにすると
インサイドアウトで当たることになります。

右足寄りのボールを打つことで
半円の手前の軌道の時に当たることになり
インサイドアウトで打つことができます。

実際に、練習場でいろいろボールの位置を変えて打つと
わかると思います。

ボールの位置が変われば出玉の方向も変わり
球筋も変わってきます。

適正な位置でボールが打てれば
アウトサイドインも修正できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました