ゴルフで80台を出すための指針がわかる簡単な工夫

ゴルフスコア ラウンド
スポンサーリンク

ゴルフで100切りを達成した人にとっては、
次の目標は80台を出すことです。

しかし、スコア90台に比べると、
80台のスコアはかなり難しく感じるのではないでしょうか?



基本的に100切りとやることは同じですが、
80台を目指すとなると
よりショットの確実性が必要になります。

100切りの場合はボギーペースで
ダブルボギーが9つまで許されました。

80台となるとボギーペースの中で、
パーが1つ以上必要です。

ダブルボギーの数よりパーの数が上回る必要があります。

つまり、80台のスコアを出すには、
トリプルボギー以上はなくし、
ダブルボギーもできるだけ減らす
ことが大切です。

ゴルフをやっている人なら、
スコア的には計算すればわかると思います。

では、具体的にどんなショットスキルや戦略が必要になるのでしょうか?

100ヤード以内からのスコアがカギになる

80台を出すために最も重要なことは何か?
と言われると私は
100ヤード以内からのスコアだと思います。

なぜかというと、90台で回る人にとって、
100ヤード以内の打数が最も多く
スコアを縮める可能性があると思うからです。

100ヤード以内から
できる限り3打以内で納めることが
80台を出すためのカギになります。

例えば、
100ヤード以上からグリーンに乗せて2パットなら2打です。

100ヤード以上からグリーンを外しても寄せワンなら2打です。

100ヤード以内から乗せても3パットなら4打です。

100ヤード以内から確実に3打以内で納めることが重要になります。

たとえショットがひどくても、
100ヤード以内のスコアがまとまっていれば
それほどスコアは悪くなりません。

あなたが普段つけているスコアカードに、
追加して100ヤード以内のスコアも追加してみてください。

スコアカードの欄には、
スコアとパット数を書く欄がありますね。

やる気のあるゴルファーなら、
スコアの他にパット数を付けてショットの良し悪しを
チェックしていると思います。

その空いている場所に、
100ヤード以内からかかった打数も記録するのです。

80台が目標なら、
このスコアを18ホールで50以下にすることを
目標にしてみてください。

あまりショットがよくなくても、
100ヤード以内のスコアが50以下なら
スコアはまとまっているはずです。

スポンサーリンク

100ヤード以上の打数もそこそこ重要

100ヤード以内のスコアが50以下なら、
100ヤード以上のスコアはが40を切れば
80台達成です。

100ヤード以上のショットを40打以下に納めるには、
1ホール平均2打で100ヤード以内に運ぶとして
3打余裕があるということです

2打でグリーンに乗せることは難しいですが、
100ヤード以内に運ぶことはやさしいのではないでしょうか?

パー3はOBでなければほぼ1打です。

パー4は2打、パー5は3打でいけば36打です。

どんなにショットが悪くても、
パー4は2打、パー5は3打で100ヤード以内に運べば目標クリアです。

例えば、

400ヤードのパー4でも150ヤードずつ飛ばせば目標クリアです。

300ヤードのパー4なら1打で100ヤード以内に運べるかもしれません。

飛距離が出ない人でも、
こんな考え方なら楽にクリアできるのではないでしょうか?

そう考えると、セカンドショット以降、
無理なショットをする必要がないことがわかると思います。

80台って、こんなショットでいいんだ、
と思えるかもしれません。

もちろん、パーオンを狙える状況なら、
狙えばいいです。

パーオンすれば100ヤード以内のスコアも
2打になる可能性が高くなります。

しかし、OBやハザードに打ち込むと、
4打を費やすことになります。

なので、OBやハザードに入れることは
極力避けなければいけません。

80台を目指すなら、
たとえ飛ばなくてもOBやハザードに入れる、
などのスコアに直結するミスショットを
減らすことが重要になります。

スポンサーリンク

練習すべきことが見えてくる

これまでお伝えしたように、
100ヤード以内のスコアをつけることで
あなたの練習すべきことが見えてきます。

目標が80台なら、
100ヤード以内のスコアを50以内、
100ヤード以上のスコアを40以内、
というようにスコア目標を分けて考えるといいです。

100ヤード以内のスコアが達成できないときは、
アプローチ、パターの練習を重点的にすればいいです。

100ヤード以上のスコアが悪いときは、
ティーショットを工夫したり、
ショットを安定させる練習を重点的にすればいいです。

100ヤード以内のスコアを付けることで
練習すべきことが見えてくると思います。

もっとスコアを伸ばしたい
という人は参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました