練習しているのにゴルフが下手になる3つのきっかけ

ゴルフ下手になる ラウンド

ゴルフをやっていると、
突然、下手になることもあると思います。

一生懸命練習しているに
うまくならないどころか下手になるのが
ゴルフの難しいところです。



  • アプローチが打てなくなる。
  • ドライバーが曲がるのが怖くなる。
  • ショートパットが入らなくなる。

などなど、

自分でも気づかないうちに
下手になっていることは意外とあるものです。

この記事では、練習しているのに下手になるきっかけや、
気をつけたいことについてまとめてみました。

飛ばそうとして下手になる

ある程度上達して、
今以上にスコアを良くしたいと思ったとき、
今より飛距離をアップしたい、
と思う人は多いと思います。

ドライバーを飛ばしたら、セカンドショットは短いクラブで打てる。
アイアンが飛んだら同じ距離でも短いクラブで打てる。

ゴルフが楽になりますよね。

そんな思いから飛距離アップに挑みます。

  • どうしたらヘッドスピードが上がるか
  • インサイドアウトにスイングしたら球が捕まって飛ぶんじゃないか

いろいろ考えてスイング改造に励みます。

スイング改造に成功して飛距離が出るようになると
もっと飛ばそうと思うかもしれません。

しかし、飛ばそうと思うと力みが入ります。

力むとアイアンの距離が合わなくなったり、
曲がるようになったりします。

力を入れ過ぎると、
感覚まで失われるので
ゴルフで大切な距離感が合わなくなるのです。

結果、グリーンに乗らなくなり
スコアが悪くなってしまうのです。

力みはすべてのショットに出るので、
アプローチの距離感も合わなくなります。

パンチが入ってオーバーしたり、
ザックリしてショートしたりすることが増えます。

飛距離アップをしようとしたときは要注意です。

リラックスして打つことを忘れない

スイング改造して飛ぶようになると、
もっと飛ばしたい
という気持ちになります。

力を入れて振れば最初は飛びます。

しかし、力を入れて練習するほど
スイングは崩れてはいきます。

力みが入ると、逆に飛ばなくなることもあります。

なので、リラックスして打つことは忘れないでください。

練習で、極限まで力を抜いて打ってみてください。

意外と飛距離が変わらないことに気づくと思います。

練習ボールは飛ばないので
つい力みがちになってしまいます。

周りに飛ばす人がいると、
つい自分も飛ばしたくなります。

でも、練習では極力力まないことをおすすめします。

スポンサーリンク

まっすぐ飛ばそうとして下手になる

例えば、あと少しで80が切れそうな大事な場面でOBを出したとします。

悔しいですよね。

大事な場面でまっすぐ打ちたい、
と誰もが思うはずです。

緊張した場面でもまっすぐ飛ばしたい、
と考えたときにどうするか?

  • グリップをしっかり握って打とう。
  • ボールにまっすぐ当てればまっすぐ飛ぶはずだ。
  • クラブフェースを返さないように打とう。

と考える人も多いと思います。

こんな意識を持って練習すると下手になります。

まず、グリップをしっかり握り過ぎると、
クラブヘッドが走らなくなり飛ばなくなります。

グリップを強く握り過ぎると、
距離感も悪くなります。

また、まっすぐ当てようとすると
クラブヘッドにブレーキがかかり
飛ばなくなります。

クラブヘッドを返さないと、
スライスやダフりが増えます。

さらにまっすぐ飛ばそうとすると、
当てにいくスイングになります。

スライスやシャンクするようになり、
飛びもコントロールも悪くなります。

小手先でまっすぐ飛ばそうと練習しても、
逆に下手になります。

下手なスイングを練習しているだけなのです。

スポンサーリンク

練習量が減ると下手になる

引退したプロ野球選手は、
しばらく野球から離れると
球速が遅くなったりホームランが打てなくなります。

引退してからそんなに経っていなくても、
150キロ出していたピッチャーが120キロしか出なくなったり、
ホームラン王だった選手がホームランを打てなくなります。

これは、年のせいもあるかもしれませんが、
現役時代と比べて練習量が著しく減ったからだと思います。

一生懸命練習してもあまりスコアが変わらないから
練習量減らしてもいいか?

200球打っていた練習を150球に減らすと、
じわじわクラブを振る力が衰えて飛ばなくなります。

他で体を鍛えている人はそうでもないかもしれませんが、
クラブを振る回数が減ると筋力も衰えてしまうからです。

また、練習量が減ると、
ミート率も悪くなることは言うまでもありません。

ダフリやトップが増えて飛距離が落ちてきます。

7番アイアンで150ヤード打てていたのに、
全然届かなくなった
ということも起きます。

ショットやアプローチの距離感にも影響します。

思ったアプローチができずに
スコアも落ちてきます。

自分では気づかないうちに飛ばなくなり、
「これはおかしい」
と、力んで振るようになります。

力んで飛ばそうと練習を続けると下手になることは
前にもお伝えしました。

力んで振るほど球は曲がり、
飛ばなくなります。

ゴルフの飛距離を維持するためには、
反復練習が必要なのです。

スポンサーリンク


スランプを脱出するには

もし、スランプになってしまったら、
基本にたち帰って練習することが大切です。

練習量を元に戻したり、
どんな意識で練習していたのかを
もう一度思い出してみましょう。

また、グリップやアドレス、テイクバックの仕方など、
初心者に戻ってもう一度見直してみてください。

グリップやアドレスが間違っていると、
ボールが曲がる原因になります。

あなたのスイングを動画で撮って、
プロのスイングと比較してみることをおすすめします。

客観的に自分のスイングをみることで、
悪い癖が見つかります。

まとめ

ゴルフが下手になるのは、
飛距離アップしようとしたり
まっすぐ飛ばそうとしたりして
スイングを変えることにより起こります。

今よりレベルアップしようとして、
打ち方を変えることでスイングを崩してしまいます。

素人考えで小手先のスイング改造をすると、
間違いなく下手になるので注意しましょう。

もし、スランプになってしまったら
初心者に戻って基本を見直してみることが大切です。

自分のスイングをスマホで撮影して、
客観的に見てみると効果的です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました