アイアンショットでダウンブローにターフを取る打ち方、練習方法

ゴルフダウンブロー 技術編
スポンサーリンク

アイアンですくい打ちになって飛ばない、
という悩みを持つ人は多いと思います。

ダウンブローできれいなターフをとる打ち方は憧れますよね。



でも、無理にターフを取ろうとしても、
ダフりが多くなって安定しません。

よく地面に刺さるような打ち方をする人もいますが、
ターフが取れてもダフりのミスが増えるだけです。

実は、プロゴルファーは、
ターフを取ることはあまり意識していないようです。

むしろ最近ではターフを取らないプロもいるようです。

それは、クラブヘッドを低く入れて、
長いインパクトゾーンで打つ狙いがあるからです。

インパクトゾーンとはクラブにボールが当たっている時間です。

当たっている時間が長いと、
ボールにスピンがかかりやすくなり
グリーンに落ちて止まるショットになります。

インパクトゾーンが長いスイングは、
クラブヘッドが大きな円軌道を描くようなスイングです。

無理に打ち込むと縦長の楕円軌道になり、
インパクトゾーンは短くなります。

ボールの先の芝が薄く長く取れることが
理想的なスイングができたことの証明になります。

ターフは良いスイングができれば自然に取れるもの
という理解の方がうまくいくのかもしれません。

この記事では、ダウンブローに打てない原因や、
ターフの取れる打ち方の練習方法についてまとめてみました。

前傾姿勢がキープできていない

ダウンブローに打つためには、
前傾姿勢をキープすることが大切です。

直立の状態になると、
スイングが横振りになり
地面のボールを打つことが難しくなるからです。

前傾姿勢をキープしてスイングすることで、
地面に向かって振り下ろすスイングができるようになります。

アドレスから直立の構えの人は、
前傾姿勢を作るようにしてください。

他にも、

  • ボールの行方が気になりヘッドアップする。
  • ボールに近づき過ぎて伸び上がる。
  • ボールを上げようとする。

という動作から前傾姿勢が崩れます。

短いクラブで打つ練習が効果的

前傾姿勢をキープする練習として、
短いクラブで打つという方法があります。

短いと言ってもショートアイアンではなく
もっと短いクラブです。

シャフトカットして練習用に作ってもいいですし、
ショートアイアンの真ん中くらいを持って打ってもいいです。

この練習をすると、
前傾姿勢を深くして、
キープしないと当たりません。

ヘッドアップすると、
空振りすることもあります。

短いクラブでも打てるように練習すれば
前傾姿勢を崩さないスイングの感覚がつかめると思います。

スポンサーリンク

体が左に突っ込む

ダウンブローに打とうとして、
体が左に突っ込むと
結局ダウンブローに打てなくなります。

一見、体を左にシフトすればよさそうですが、
それではクラブフェースが開いて当たったり
トップやチョロになることがあります。

トップやチョロを嫌がってコックを早くほどくと
ダフりにもつながります。

体を左にシフトさせると、
スイング軌道の最下点より前で当たるのです。

うまく調整してターフが取れても
右にスライスが多くなります。

このような打ち方をしていると
ボールが飛ばなくなります。

あくまでもビハインドザボール(頭をボールの後ろにキープする)
を心がけて打つことが大切です。

右足の前のボールを打って修正する

体が左にシフトする癖を修正するために、
右足の前のボールを打つ練習が有効です。

ボールを右足の前に置き、
右からドローボールを打つ練習です。

右足の前のボールは
左に突っ込むと当たりません。

むしろ右足をに体重をかけたまま打たなくてはいけません。

この練習をすることで
左への突っ込みを改善することができます。

スポンサーリンク

左足の前のボールを打つ

きれいなダウンブローを打つ練習には、
左足の前のボールを打つ練習が効果的です。

ボールは左足の前におきますが、
ボールに対して当てにいってはダメです。

ボールが当たるかどうかは意識せず
クラブヘッドはスタンスの真ん中に戻します。

クラブヘッドが上から入ってくると、
左足の前のボールでも当たります。

空振りするかどうか不安な人は
ショートアイアンでやってみてください。

前傾姿勢をキープして、
縦振りのスイングをすることで
真ん中より左足よりのボールでも打てるようになります。

本来の打点よりかなり前の打点でも打てる、
ということがわかると思います。

スポンサーリンク


まとめ

アイアンショットで無理にダウンブローに打とうとしても
ダフリのミスが増えるだけでうまくいきません。

きれいなターフの取れる打ち方は、
縦方向のスイングをするのがポイントです。

そのためには、

  • アドレスの前傾姿勢をキープ
  • 頭の位置はボールの後ろにキープ
  • クラブを地面に向かって振り下ろす

ということが大切です。

正しくスイングできれば、
インパクトゾーンが長くなるので
左足の前のボールでも打てるようになります。

なので、練習場でやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました