100切りに必要なパター上達法

人気のゴルフ教材!

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

シンプルスイングをマスターして、短期間で上達したい方におすすめです。

100切りのためのパター上達法

せっかくパーオンしてもパーが取れない。
10m以上のパットは2パットで行ける気がしない。

 

そんな悩みを持つ方も多いと思います。

 

ショットの半分をパターが占めているので、
パター次第でスコアが大きく変わってきます。

 

パット数を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

パット数を減らすために大切なことが2つあります。

 

それは、

 

  • パターの距離感をつかむこと。
  • ショートパットを外さないこと。

 

それでは、1つずつ解説していきます。

パターの距離感をつかむには?

あなたは、コースの練習グリーンで
どんなことを考えて練習していますか?

 

練習グリーンでの練習は
そのコースのグリーンの速さを知るために
とても重要になります。

 

グリーンの速さはコースによって変わるので
パターの距離感をつかむために、
練習グリーンでは主に距離感をつかむ練習をしましょう。

 

具体的には、歩測をして、
「どれくらい打てば、どれくらい転がるか」
をつかんでおくことです。

 

例えば、目標を決めて
目標から10歩離れた位置からパターをします。

 

いくつか打ったら、今度は
20歩離れた位置からパターをします。

 

できれば、30歩くらいまで練習しましょう。

 

この時、上りなのか、下りなのかも意識してください。

 

できれば上りと下り両方練習したほうがいいです。

 

パターをどれだけ引いているかも意識してください。

 

これで、実際のラウンドの時も歩測をします。

 

例えば15歩だったら、
10歩と20歩の間の感覚でいいですね。

 

この練習を続けていけば、
それほど間違った距離感はなくなるはずです。

ショートパットを外さないようにするには?

せっかく1~2mに寄せても、
そこからのパターが入らない。

 

そんな悩みを持つ方も多いと思います。

 

ショートパットはプロでも外すことがあるので、
100%入れることは不可能です。

 

でも、確率を上げる方法はあります。

 

ショートパットの外れる原因は、
パターのフェースが狙った方向を向いていない、
ということにあります。

 

まず、アドレスの時に狙った方向を向いていなければ、
狙った方向へ打てるはずがありません。

 

なのでまずは、パターのラインが狙った方向を向くように
細心の注意を払いましょう。

 

ボールに書かれたネームの方向を
狙った方向に向けて置くことも有効な手段です。

 

そして、アドレスの時のフェースの向きが
変わらないようにインパクトをすれば、
狙った方向にボールが転がるはずです。

 

このときに、必要以上にテークバックしてしまうと
フェースの向きが変わりやすくなってしまいます。

 

ショートパットの時は、
アドレス-テークバック-インパクトまで
パターのフェースの向きが変わらないように
集中することが大切です。

 

↓ラウンド前に見るとパットが入るようになる動画です。(笑)

ゴルフ上達に役立つDVD教材!

ゴルフ100切り


初心者からトッププロまで
驚異的にレベルアップ!

カリスマコーチが教える
シンプルゴルフ理論
完全マスタープログラム

>>詳細はこちら<<