100切りのティーショット

どうしてもティーショットがうまくいかないときの対処法

ドライバーでティーショットするとスライスしてしまう。
ドライバーがまともに当たらない。

 

どうしてもティーショットがうまくいかない人も多いと思います。

 

ティーショットが真っすぐ飛ばないと、
林の中や深いラフに入ってしまい、
大叩きの原因になってしまいます。

 

それに、仲間がずっと前まで飛ばしていると
気分まで滅入ってしまいますよね。

 

そこで、ティーショットがどうしてもうまくいかない人は、
スプーンやクリークなどでティーショットするようにしましょう。

 

ドライバーは、ティーアップが高いため、
どうしてもあおりスイングになりがちです。

 

その点、フェアウェイウッドは球も上がりやすいので
あおりスイングにもなりにくいです。

 

さらに、

 

ロフト角がある分右にスライスしにくくなる。
ティーアップが低いので、ほかのクラブと同じ感覚で打てる。

 

など、ティーショット以外のショットにも
良い影響を与えます。

 

仲間通しでラウンドしていると
「ドライバーを使わないと恥ずかしい」
という気持ちもあるかもしれません。

 

でも、まともに当たらないドライバーを使うより
飛距離が出るかもしれませんし、
確実に精度は上がるはずです。

 

ティーショットがうまくいかなくてお悩みの方は、
是非、試してみてください。

 

物理学に基づくゴルフ理論とは?

短期間でスイングの悩みが解消、
飛距離も伸びた。

理にかなった理論だから
スイングに自信が持てる。

ゴルフスイング物理学の
レッスン動画の一部をご紹介!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓