平均スコア80台出した私が意識したこと、練習法や考え方など

平均スコア80 ラウンド
スポンサーリンク

サラリーマンゴルファーにとって、
平均スコアが80台といえば
あこがれるスコアではないでしょうか?

会社のコンペでは
80台のスコアを出せば
ベスグロ候補です。



サラリーマンゴルファーからすれば
かなりうまい方の部類に入るはずです。

かなり、難しそうですね。

でも、ちょっと考え方を変えたり、
練習方法を変えることで
平均スコア80台まで上達できるかもしれません。

この記事では、私が80台を安定して出すために、
私が心がけていることや練習方法など
についてお話したいと思います。

ゴルフで80台のスコアを目指すあなたの参考になれば幸いです。

ティーショット、セカンドショットは腕を振ってスイングする

まず、ティーショットやセカンドショットで曲がったり、
トップ、ダフり、シャンクする原因は、
ボールに当てにいくことがほとんどです。

ボールを気にすることで、
腕が振れなくなり、
スライスやフックの原因になります。

なので、私はボール気にせず腕を振って
スイングすることを心がけました。

ほぼ両足ベタ足で、
腕だけを振る感じです。

両足べた足を意識することで、
体の上下動が抑えられ
ミスを減らすことができます。

ボールを気にせずスイングしても、
そこそこのショットが打てるように練習したのです。

ここでいう「そこそこ」とは、
フェアウェイかラフに行けばOK
というショットです。

完璧に狙った方向に行かなくても、
とりあえずティーショット、セカンドショットは
前に進めばいいという考え方です。

大怪我をしなければ、
そんなに崩れることはないはずです。

ティーショットやセカンドショットがよければパーオンが狙える、
でもそれより、腕を振ってスイングすることが大切です。

スポンサーリンク

ドライバーが苦手ならスプーンやクリークでもOK

私は、ドライバーが苦手でした。

高くティーアップしたボールを打つのが苦手でした。

昔は今と違ってクラブヘッドが小さかったので、
天ぷらが出て飛ばなかったのです。

なので、スプーンを使ってティーショットしたところ、
凄く安定したショットが打てて、
スコアもグッとよくなりました。

今のクラブでは天ぷらはしないかもしれませんが、
ドライバーがスライスしたり飛ばなかったりして
スコアがまとまらないという人もいると思います。

そんなときは、ティーショットに、
スプーンやクリークを使うことをおすすめします。

ティーショットがコントロールできれば、
平均スコアもよくなるはずです。

スポンサーリンク

50ヤード以内をグリーンに確実に乗せる

80台を出すのに最も集中するのはアプローチです。

パー4の3打目で確実にグリーンに乗せることが大切です。

そのためには、50ヤード以内のショットは、
どこからでも確実グリーンに乗せることに集中します。

これができないと、
ボギーで上がることが難しくなり、
ダブルボギー、トリプルボギーになります。

50ヤード以内のアプローチを
確実にグリーンに乗せることが
平均スコア80台を出すためのポイントです。

50ヤード以内の距離感は、
打ちっぱなしでも練習しておくことです。

月に1回くらいしか行けないゴルファーは
特に練習しておくことが必要です。

ショットがいいのに80台が出ない、
という人は50ヤード以内のアプローチを
たくさん練習しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク


パッティングは距離感が大切

平均スコア80台を目指すなら、
パッティングは1ラウンド36以下にしたいところです。

パー4では確実に3打で乗せて、
2パットでボギー、1パットならパーです。

グリーンに乗せたら2パットで上がることを考えることが大切です。

ロングパットを2パットにするためには
距離感が大切になります。

感覚に頼ったパットでは
いい時、悪い時でばらつきます。

なので、私は距離の歩測をしています。

例えば、カップまでの距離が10歩分の距離なら、
テークバックはどれくらい引いて打つか?

ということを考えながらパターを打ちます。

下りのラインなら2歩、
下りがきついときは5歩、
というように上り下りのラインは
歩数を足し引きしています。

これで、だいたい距離感を合わせられます。

ラウンド回数が少なくても、
この方法ならそこそこのパッティングができるのでおすすめです。

まとめ

いかがですか?

80台を出すために私の意識したことについてお伝えしました。

難しく感じたでしょうか?

平均スコア80台を目指すためには、

  • ティーショット、セカンドショットで大怪我しないこと
  • 50ヤード以内は確実にグリーンに乗せること
  • パッティングは1ラウンド36以下で抑えること

この3つができれば、安定して80台が出ると思います。

ティーショットから崩れる人は、
ドライバーを封印して
スプーンやクリークを使ってみてください。

いつもよりゴルフがやさしく感じられるかもしれません。

安定して80台が出せるようになるには、
50ヤード以内から
確実に3打以内で上がることが必要になります。

そのためには、アプローチやパターを
突き詰めて練習することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました