ゴルフの打ちっぱなしで上達するための効果的な練習方法とは?

ゴルフダウンブロー 練習法
スポンサーリンク

ゴルフの打ちっぱなし練習場は、
コースとは違ってやりにくい部分もあると思います。

例えば、ティーの高さが変えられなかったり、
人口芝の上から打ったりすることなどです。



下が硬いので、ダフると手が痛くなりますよね。

本番と感覚が違うので、
練習にならないと思う人もいるかもしれません。

確かに、ひたすらボールを打つだけでは、
あまり上達しないかもしれません。

でも、練習方法を工夫することにより、
打ちっぱなしでも効果的な練習をすることができます。

この記事では、打ちっぱなし練習で上達するための、
効果的な練習方法についてまとめてみました。

打つ前の準備

打ちっぱなし練習を始める前に、
準備するべきことがあります。

それは、

  • 十分に素振りをすること。
  • 打席の向きを確認すること。

この2つです。

それでは、ひとつずつ説明します。

十分に素振りをすること。

最初に打つ前に体をほぐす意味でも、
何回か素振りをすることが大切です。

そのときに、自分の気を付けるポイントを
確認しながら素振りをすると効果的です。

例えば、
頭をボールの後ろに残して振る
アウトサイドインやインサイドアウトに振る
ベタ足で振る
などです。

できるだけ、大げさに素振りをした方が
効果が出やすいです。

周りの人が見て何を修正しているかわかるような素振りが効果的です。

打席の向きを確認すること。

ゴルフ打ちっぱなし

私は練習を始める前に、
打席の向きがどこを向いているのか確認しています。

結構大切なことだと思いますが、
この作業をしない人は意外と多いのかもしれません。

なぜ大切なのかというと、
思う方向に飛ばないのは

アドレスのせいなのか?
スイングのせいな
のか?

が明確になるからです。

それから、アドレスの向きと、
狙う方向のズレがわかるようになり
コースでも役に立ちます。

アドレスの向きと狙う方向がズレていると、
スイングに影響します。

例えば、狙う方向が右にズレていれば、
右に押し出すようなスイングで固まってしまいます。

意外とズレているので気をつけましょう。

スポンサーリンク

打ちっぱなし練習のコツ

打ちっぱなしの練習は、
他の人に迷惑にならないところ以外は、
どこに飛んでも問題ありません。

なので、大げさなくらい極端な練習をするのが効果的です。

例えば、右にプッシュアウトする悩みがあるなら、
極端にアウトサイドインに打つ練習をします。

自分が思っている最大のアウトサイドインのスイングで練習してみましょう。

打ち出し方向が左に出るようになるまで同じ打ち方を続けます。

100%左に出るようになったら
徐々に元の打ち方に戻します。

また、スライスが出る人は、
ドフックを打つ練習をしたり
フックが出る人は、
ドスライスを打つ練習をしたり、

あなたの悩んでいる球筋と反対の球筋を打ってみる、
という練習方法が効果的です。

スポンサーリンク

ティーアップしたボールを打つ練習

ゴルフ打ちっぱなし

打ちっぱなしのティーは高さが固定されていますが、
ティーアップしたボールを打つ練習は効果的です。

マットの上のボールは打ち込めば飛びますが、
ティーアップしたボールはそうはいきません。

体とボールの距離感を意識しないと
打つのが難しくなります。

上から打ち込んだり、下からすくい上げる打ち方ではうまく飛びません。

アイアンのソールを浮かせて、
サイドブローに打ちます。

ティーアップしたボールを
クリーンに打てるようになると、
ショットが安定します。

最初は短いクラブから始めて、
徐々に長いクラブにしていってください。

最初はうまく当たらないかもしれませんが、
上達するためにはおすすめの練習方法です。

スポンサーリンク


飛ばす練習でなく狙う練習

打ちっぱなしでは気持ちよく飛ばしたい、
という人も多いと思います。

確かに、力いっぱい打って飛ばすと、
ストレス発散になりますよね。

でも、打ちっぱなしでは
飛ばす練習ではなく狙う練習が効果的です。

ゴルフで上達するためには、
アプローチからドライバーまで、
ターゲットを狙う必要があるからです。

狙う練習をしていないと、
コースでピンを狙うことができなくなります。

力んで打つ癖はなかなか抜けません。

なので、打ちっぱなしでは、
コントロールを重視した練習を中心にすることをおすすめします。

アプローチの練習もする

アプローチの練習は珠がもったいない、
と思う人も多いと思います。

確かに、マットから打つとダフッてもそこそこ飛ぶので
練習にならないと思うかもしれません。

でも、アプローチの距離感の練習にはなります。

どれくらいのテークバックで打ったら何ヤード飛ぶか、
感覚をつかむことができます。

また、スタンスの幅を狭くしたり、
クラブを短く持つことで
飛ばなくなり距離感が合わせやすくなります。

足をそろえて打ったり、
クラブを短く持ったりして
距離がどれくらい違うのか確認する
練習も効果的です。

このような練習をしないと、
コースでいきなり打つのは難しいです。

あなたの行く打ちっぱなしにアプローチ練習場がないと、
全くアプローチ練習ができないことになります。

短い距離を失敗すると悔しいですよね。

なので、打ちっぱなしでも
アプローチ練習することをおすすめします。

練習マットの後ろ数センチの所から打つ

普段、アプローチでダフッたり、
ダフりが怖くてトップする人は、
練習マットの後ろ数センチの所から
アプローチすることをおすすめします。

そうすることで、
ダフッたらマットを直接打って
恥ずかしい思いをするからです。

ダフらないように集中して打てるでしょう。

スイングをスマホで撮影する

あなたのスイングをスマホで撮影することで、
スイングの悪い癖がわかるかもしれません。

今はスマホで手軽に撮影できる時代です。

例えば、プロのスイングとどこが違うか、
ユーチューブのレッスンで勉強したことができているか、
動画を撮って見れば一目瞭然です。

逆に、動画で見ないと、
やっているつもりでできていない、
ところがわかりません。

自分ではやっているつもりでもできていない、
ということはよくあります。

自分の思った通りに体を動かすのは
意外と難しいものです。

私も、スマホで撮影できるアタッチメントを
カバンの中に入れて打ちっぱなしに行っています。

悪い部分は一目でわかるので効果的です。

なので、スマホで動画撮影して
スイングチェックはおすすめです。

まとめ

打ちっぱなしで練習するときは、
ただ漠然と打たずに、
いろいろ工夫して練習するのが効果的です。

あなたのスイングの悪い部分を改善するためには
どんな練習をすればいいか考えることが大切です。

目的を持った練習方法を実践することで、
打ちっぱなしの練習でも上達することは可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました