弱点をカバーするためのクラブの選び方

スポンサーリンク

弱点をカバーするためのクラブの選び方

ゴルフ100切り

ゴルフ上手くなりたいけど、
コースにいく機会も少ないし、
練習する機会もない。

 

そんな悩みを持つ人もいるかも知れません。

 

仕事が忙しいし、休みは家庭サービスがある…
でも諦めるのはまだ早いです。

 

 

練習量が少なくても上達する方法、
それはクラブ選びです。

 

あなたにマッチしたクラブを選べば、
クラブがあなたの弱点を補ってくれます。


スライスを補うには?

ゴルフビギナーのほとんどは
スライスで悩んでいます。

 

スライスを治すには
フックフェイスのクラブを選ぶことです。

 

フックフェイスとは、
クラブをテーブルの上に置いたときに
フェース面が上を向くクラブです。

 

真っすぐ構えると、
フェース面が左を向いているので
わかると思います。

 

ゴルフ100切り

 

いかにも左にいきそうなクラブです。

 

スライスで悩んでいるなら、
フックフェイスの強いクラブを使えば、
あなたのスイングを修正しなくても
スライスを補ってくれます。

 

また、ロフト角が大きい方が
左に飛びやすくなります。

 

なぜかというと、ロフト角が大きいと
クラブフェース全体が左を向きやすくなるからです。

 

例えば、5番アイアンと9番アイアンでは
9番アイアンの方がスライスしにくいのは
そういった理由があるからです。

 

ドライバーならロフト角11°よりも12°の方が
スライスしにくいです

 

特に最近のドライバーは、
クラブフェースが開きやすく、
スライスしやすくなっています。

 

なので、ドライバーのスライスでお悩みなら、
ロフト角大きめのフックフェイスのクラブを
試してみてください。

 

 

 

アイアンが当たらない時は厚めのソールのアイアン

ゴルフ100切り

ダフり、トップが多くてボールが上がらない人は、
底が厚めのアイアンを使うと
球が上がりやすくなります。

 

ソールが厚いとダフっても、
ソールが滑るので
そこそこ飛んでくれます。

 

また、スイートスポットがクラブの下の方にあるので
トップしてもそこそこ飛びます。

 

つまり、芯を外しても、
そんなに距離が変わらないということです。

 

また、キャビティバックといって、
アイアンの後ろがへこんでいるクラブは
スイートスポットが広く
芯を外してもそこそこ飛んでくれます。

 

昔のクラブはスイートスポットの広いクラブは
芯に当たっても飛距離が出ないといわれてきました。

 

しかし、最近ではスイートスポットが広くても
飛距離が落ちないクラブがたくさん販売されています。

 

なので、いつもフェアウェイやラフで失敗する人は
優しく飛ばせるアイアンに変えてみてはいかがでしょうか?


自分に合ったシャフトを選ぶ

シャフトも自分に合ったシャフトを選べば
飛距離も伸びるようになります。

 

シャフトの硬さはドライバーの
ヘッドスピードで決まります。

 

L 34m/s以下
A 33~41m/s
R 38~46m/s
S 43~50m/s
X 48~55m/s

 

を目安に選ぶようにしてください。

 

ヘッドスピードは計測器のある
ショップに行けば測ることができますし、
こんな測定器もあります。

 


 

これで、あなたに合った(と思われる)
クラブを選ぶことができますが、
やはり実際打ってみないと
感覚がわかりませんよね。

 

試打クラブを利用する

そんなときは、試打クラブを
レンタルできるショップを利用しましょう。

 

某大手の●●●5やその系列ショップでも
試打クラブの持ち出しをすることができます。

 

あなたに合ったクラブを数本レンタルして、
打ち比べて決めるようにしてください。

 

スポンサーリンク