ゴルフグリップの握り方

正しいグリップの握り方とは?

ゴルフ100切り

あなたは、正しいゴルフグリップができていますか?

 

正しいグリップがわからない、
という人も多いと思います。

 

でも、グリップが正しく握れていないと、

 

  • ボールに力が伝わらない。
  • インパクトの時にフェイスが真っすぐに向かない。

 

など、ショットの安定感や飛距離に直結します。

 

では、正しいグリップとはどんなグリップでしょうか?

 


フックグリップとウィークグリップ

正しいグリップをお伝えする前に、
グリップにはフックグリップと
ウィークグリップがあります。

 

フックグリップとは、
左手の甲を上に向けて握るグリップです。

 

ゴルフ100切り

 

上から見ると、
左手の拳が3から4つ見えます。

 

左手首が甲側に折れ曲がっているのが特徴です。

 

そして、右手はやや下から持ちます。

 

クラブフェイスが目標方向を向いていると、
右手が目標方向を向いたときに
クラブフェイスが左を向くことになります。

 

なので、フックグリップで握ると、
クラブフェイスが返りやすく
左を向きやすくなります。

 

そのため、スライスが出るときに
フックグリップで握ると
スライスを修正することができます。

 

また、飛距離アップのため、
ドローボールを打ちたい人は、
このグリップで握ります。

 

一方、ウィークグリップとは、
左手の甲が目標方向に向くグリップです。

 

ゴルフ100切り

 

上から見ると、
左手の拳が1つから2つ見えるグリップです。

 

右手は上からかぶせるように持ちます。

 

クラブフェイスが目標方向を向いていると、
右手が目標方向を向いたときに
クラブフェイスが右を向くことになります。

 

なので、ウィークグリップで握ると、
クラブフェイスが返りにくく
右を向きやすくなります。

 

ウィークグリップで握っている人は、
スライスになりやすく飛距離も出ません。

 

飛距離の出ない人、スライスが出る人は、
ウィークグリップになっている可能性があるので
チェックしてみてください。

クラブフェイスの向きに注意

グリップを正しく握っているつもりでも、
構えてみるとクラブフェイスの向きが
目標を向かないことがあります。

 

そこで、手の角度を変えて真っすぐ向かせても
スイングしたら正しい方向を向きません。

 

なので、クラブフェイスが目標方向を向くように
グリップを握る必要があります。

 

グリップを握るときは、
グリップに書かれているロゴやラインに合わせて
握ると正しく握ることができます。

 

グリップに書かれているロゴやラインは、
体の正面に向けたときに
クラブフェイスが目標方向を向くようになっているからです。

 

自分のクラブでチェックしてみてください。

 

グリップ交換をしたクラブは
ずれていることがありますので注意が必要です。

 

グリップを握るときは、
グリップに書かれているロゴやラインに
左手の親指と人差し指の付け根が来るように握ります。

 

正しい位置で握れるよう
日ごろから練習することで
上達速度が変わります。

左手はしっかり握れるグリップ

ゴルフ100切り

左手のグリップが不安定だと、
力がボールに伝わりません。

 

クラブフェイスの方向が不安定になるからです。

 

なので、左手の持ち方は重要です。

 

なるべく少ない力で、
しっかり持てるグリップにする必要があります。

 

バケツを持つときの握り方

 

左手のグリップは、
水を入れたバケツを持ち上げるときの
握り方が有効です。

 

一番力が入る握り方なので、
グラグラしにくく安定します。

 

握り方としては、
中指、薬指、小指の3本の指で下から支え、
親指の腹でグリップを抑えます。


あなたにとって正しいゴルフグリップとは?

あなたにとって正しいゴルフグリップとは、
正しいスイングしたときに
まっすぐ飛ぶグリップになります。

 

正しいグリップは、
フックフリップとウィークグリップの中間にあります。

 

始めはフックグリップで練習しながら、
フックが強すぎるようなら
左手と右手の方向を目標方向に近づけた向きで
握るようにしましょう。

 

フックグリップは右手が返りやすいグリップなので、
右手の動きをできるだけ抑えて、
体の回転を使って打つことが大切です。

 

フックグリップで握っているのに
スライスが出るのはスイングが悪い可能性が高いので、
スイングをチェックしましょう。

 

あなたに合ったゴルフグリップを習得すれば、
今より飛ぶようになって、
ショットの安定感が増すかもしれません。

 

是非、参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク