スライスの修正

スライスの原因はほとんどコレ!

ゴルフ初心者の多くは
スライスに悩んでいるといわれています。

 

スライス系の球は安定するとは言われていますが、
それでも、飛距離が落ちるし、OBも怖いです。

 

100切りといわず、
これからスコアアップするために
できれば治しておきたいところです。

 

 

そのためには、スライスをする原因を把握して、
的確な修正方法をする必要があります。

 

スライスの原因は出玉の方向によって、
プルスライス
ストレートスライス
プッシュスライス
の3つのタイプに分けられます。

 

いずれも、フェースが開いてしまっていることが原因です。

 

スイング中フェースが開く原因としては、
ほとんどがグリップにあると考えられます。

 

ウィークグリップになっている。

ゴルフ100切り

スライスの原因の多くは、
ウィークグリップになっていることです。

 

ウィークグリップとは、
左手の甲を目標方向に向けるグリップです。

 

右手のひらも目標方向を向けるように握ります。

 

ゴルフのレッスンプロの中でも、
左手の甲を打つ方向に向けるように
教えるプロも多いようです。

 

このグリップの特徴は、
クラブフェイスが返りにくいことです。

 

このグリップでクラブフェイスを返すには、
左手の甲を体の方に向けなければいけません。

 

そもそも、スイング中に
左手の甲を体の方に向けるのは不自然です。

 

なので、打つ瞬間には
フェースが開きやすくなります。

 

スライスで悩んでいる人は、
まずグリップをフックグリップに
修正してみましょう。

 

ゴルフ100切り

 

フックグリップとは、
左手の甲が目標より右を向けて握るグリップです。

 

スクエアグリップも右の方を向けますが、
フックグリップはさらに右を向けます。

 

上から見ると左手の拳2~3個見えるのがスクエアグリップ、
3~4個見えるのがフックグリップです。

 

フックグリップの特徴は、
クラブフェイスが返りやすいことです。

 

左手の甲が目標方向を向いたら、
クラブフェイスが左を向きます。

 

あまりクラブフェイスを返そうとしなくても、
自然に返るのがフックグリップです。

 


クラブフェイスの向きを確認する

ゴルフ100切り

フックグリップで握っているのに
スライスが出る人もいます。

 

そんなときは、クラブフェイスの向きを確認しましょう。

 

中には、フックグリップで握っているつもりで、
ウィークグリップになっている人もいるからです。

 

アドレスしてみて、
グリップに書いてあるラインやロゴが、
体の前を向いていることを確認してください。

 

あなたから見て右の方を向いていたら
クラブフェイスが開いています。

 

クラブフェイスが目標を向いた状態で
フックグリップで握るようにしましょう。

 

クラブフェイスが左を向きやすいので
少し違和感があるかもしれないですが、
練習のつもりで握ってみましょう。


体が開いてしまう。

フックグリップに修正すると、
通常はフックボールが出るようになります。

 

フックグリップに修正してもスライスが治らないという人は、
体が開いている可能性があります。

 

例えば、飛ばそうとして、
体を使い過ぎてしまうことが考えられます。

 

体が早く目標方向を向くと、
振り遅れてクラブフェイスが開きます。

 

また、球の行方が気になって
顔を上げるのも体が開く原因です。

 

体が開くとクラブフェイスが閉じる前にボールに当たります。

 

なので、フックグリップにもかかわらず
スライスが出るのです。

 

そんなときは、体の動きを止めて、
腕の振りだけで打ってみましょう。

 

体を開かないで、
目標に対して横向きをキープしたまま、
腕の振りだけで打つのです。

 

体を止めた状態で、
クラブヘッドを降ろしてくるイメージです。

 

体の開きがなければ、
ストレートからフックボールが
出るはずです。

 

スライスを修正するには、
とにかくフックボールを打つことです。

 

フックボールが出なければ、
クラブフェイスが開いているのでチェックしてみましょう。

 

フィニッシュで止めてみる

ゴルフ100切り

あなたのスイングがどうなっているのかは
打ち終わってフィニッシュを止めてみるとわかります。

 

あなたのフィニッシュはどんなフィニッシュか
自分でチェックしてみましょう。

 

まっすぐ飛ぶ人は、
フィニッシュでバランスが取れて
クラブのエッジの部分が目標方向を指しています。

 

反対に、スライスする人は、
体が開いていたり、
体重が右足に残っていたり
クラブフェイスが開いています。

 

ボールはクラブフェイスの向きに飛んでいくはずです。

 

あなたのスイングを把握するために、
打った後のフィニッシュで
数秒止めてみる練習をおすすめします。


フックボールを打ちながらストレートに修正する

ゴルフ100切り

練習でグリップやスイングを修正し、
フックボールが打てるようになったら、
今度はストレートボールが出るように修正しましょう。

 

フックボールが出るということは、
クラブフェイスが左を向いているということです。

 

今度は、クラブフェイスが左を向かないように、
グリップを少しずつスクエアグリップに戻します。

 

左手の甲を少しずつ目標方向に向くように握ります。

 

クラブフェイスの向きをチェックしながら、
まっすぐ飛ばせるグリップを見つけましょう。


まとめ

スライスをする人は、
ほとんどがウィークグリップになっています。

 

クラブフェイスが開きやすいグリップなので、
フックグリップに修正しましょう。

 

フックグリップに修正すると、
フックボールが出るはずです。

 

フックグリップにしてもスライスが出る場合は、
体が開いています。

 

体の使い過ぎやヘッドアップ、
すくい打ちなど
原因はいろいろあると思います。

 

そんなときは、体の動きを止めて、
腕の振りだけで打つようにしましょう。

 

目標方向に対して横向きをキープしたまま、
腕の振りだけで打てば
フックボールになるはずです。

 

スライスを修正するためには、
フックボールを打ちましょう。

 

 

スポンサーリンク