ゴルフが下手すぎる人が見落としているたった一つのこととは?

ゴルフ下手すぎる人 技術編
スポンサーリンク

ゴルフが下手すぎてどうしようもない。
と悩んでいる人も多いと思います。

例えば、キャリアは積んでいるのに、
初心者が出すスコアしな出ないという人です。



長年、熱心に練習しているのに、
120が切れないという人も中にはいるようです。

ゴルフのスコアで120が切れない人は、
クラブにまともに当たっていないことがほとんどです。

クラブフェースが開いて当たったり
シャンクをしたりする人は、
スイングばかり気にしても
なかなか当たらないと思います。

なぜ当たらないかというと、
クラブフェースがボールのところに
ちゃんと戻っていないからです。

インパクトでクラブフェースが目標方向を向き
フェースの真ん中あたりに当たれば真っすぐ飛ぶ
ということは頭ではわかっていると思います。

しかし、実際にはそうなっていないので
真っすぐ飛ばないのです。

ゴルフが上手くなるためには、
インパクトがちゃんとできているか
ここにフォーカスを当てるべきです。

スイングがきれいかどうかは関係ない

よく、ボールに当たらないのはスイングが悪い
と思われがちですがそんなことはありません。

一見きれいに見えるスイングでも
当たらない人は当たらないです。

また、個性的なスイングでも上級者はいます。

上級者と初心者は何が違うのかというと
インパクト前後のクラブヘッドの動きです。

上級者やプロの中にも個性的なスイングをする人がいますが、
インパクト前後は共通しています。

上級者のインパクトは共通して若干のハンドファーストで
クラブヘッドがボールの手前に正確に戻っています。

一方、初心者のインパクトは、
フェースの向きがバラバラ、
クラブヘッドがボールの手前に戻っていません。

ゴルフが下手過ぎるとお悩みの人は、
スイング云々よりも
まずインパクトの形ができているかをチェックすべきです。

スポンサーリンク

素振りで確認してみる

インパクト

インパクトがちゃんとできているかどうかは
インパクトで止めてみればわかります。

いつものようにアドレスして、
本当に打つつもりでテイクバックして
ボールの手前で止めてみましょう。

具体的には、こちらの動画が参考になります。

最初に紹介されている素振りの方法です。

初めはうまく戻らないと思います。

シャンクをする人はフェースの根っこの方に戻るし
スライスする人はフェースが開いて戻ります。

正しいインパクトに戻らないということは
まっすぐ飛ばないということです

正しいインパクトに戻す練習をすることで、
なぜまっすぐ当たらないのかがわかるし、
どうすればまっすぐ当たるかがわかってきます。

まっすぐ飛ばない原因がわかり
まっすぐ当たるにはどんな風に体を動かせばいいかわかってきます。

インパクトに戻す素振りを続けることで
クラブヘッドにボールを当てる感覚がわかり、
大きなミスショットが激減するはずです。

熱心に練習しているのに、上達しない人は、
この練習を試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

ゴルフで120のスコアが切れない人は、
クラブヘッドにボールがちゃんと当たっていないことが原因です。

スライスやシャンクで悩んでいる人は
スイングを気にするよりも
インパクトでクラブがボールの手前に
正しく戻っているか確認してみてください。

どんなにいいスイングでも、
インパクトで開いていたり
芯に当たっていないと
ボールはまっすぐ飛びません。

逆に、正しいインパクトができていれば
まっすぐ飛ぶようになります。

ご紹介した方法でインパクトを確認しながら練習すれば
ゴルフ下手から脱却できるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました