ダフリの原因と修正方法

スポンサーリンク

アイアンのダフリの原因と修正方法

ゴルフ100切り

せっかくグリーンに乗せられる距離にきても
ダフリが出てしまってほとんど飛ばない。

 

そんな悔しい思いをしたことはあると思います。

 

得意の距離を残しても、
ダフって中途半端な距離が残ってしまうと
そこから大叩きすることもありますよね。

 

でも、そこで冷静になって、
ダフりの原因を考えてみると、
それ以降は同じミスをしなくて済むかもしれません。

 

ここでは、ダフりの原因と対策についてまとめてみました。

 

 


スイングの最下点がボールの手前にある

ゴルフ100切り

ダフりの原因はいろんなケースがありますが、
大きな原因はスイングの最下点が、
ボールの手前にあるということです。

 

なので、なぜスイングの最下点が
ボールの手前になるのかを
考えてみることが大切です。

 

アドレスの時点では、
若干ハンドファーストぎみに、
左右の体重もほぼ均等か
若干左足寄りになっているはずです。

 

インパクトの時にその体勢に戻れば
ダフりはないはずです。

 

にもかかわらずダフってしまうのは、
何か原因があります。


右足に体重が残っている

まず考えられるのは、
右足に体重が残っているということです。

 

フィニッシュの時に右足に
体重が残っているので
バランスが崩れてしまいます。

 

体重移動の時に体重を右足に乗せたまま、
左足に体重移動できていない可能性があります。

 

ボールに当てる意識が強すぎて、
腕の振りだけで打っているのです。

 

左足が浮かないように意識する

 

ゴルフ100切り

 

バックスイングで体重を右足に乗せますが、
その時に左足が浮かないように意識します。

 

飛ばそうとして体重を目いっぱい右に乗せると
左足が浮いてしまい
結果右足体重でスイングしてしまいます。

 

本番でダフりが出た時にできることは、
左足が上がらないようにします。

 

そして、バックスイングをコンパクトにして、
左右のバランスが取れるようにスイングします。

 

すくい上げる打ち方になっている

次に考えられるのは、
ダウンスイングで右肩が下がり
すくい上げる打ち方になっているケースです。

 

体の回転で打つ意識が強いので、
体が早く開き右肩が下がるため、
クラブがインサイドアウトの軌道になって
ダフりになるのです。

 

このようなスイングになると、
フィニッシュで右足が前に曲がり
右足かかとが上がったようなスイングになります。

 

ベタ足でスイングする

 

ゴルフ100切り

 

このようなスイングを修正するには、
右足をベタ足にして打つようにします。

 

両足ともベタ足で体をあまり使おうとせず、
腕の振りだけで打つ意識が必要です。

 

強く振ろうとすると、
自然と右足が上がるかもしれないので、
7割くらいの力で打ってみてください。

 

1~2番手くらい大きめのクラブで
軽く振るイメージで打ちましょう。

 

クラブヘッドが先行する

アイアンショットはインパクトの時
クラブヘッドより少し手が先行する
インパクトが理想的です。

 

ハンドファーストにインパクトすることで
ボールに直接当たり地面を削る打ち方が
距離と方向を安定させるからです。

 

しかし、手首の返しが早いと、
ボールに当たる前にクラブヘッドが先行します。

 

すると、ボールの手前にクラブヘッドが当たり、
ダフりショットが出てしまいます。

 

飛ばそうとしてクラブを返そうとしたり、
ボールに当てたいという意識があると
このような打ち方になります。

 

このようなダフりを修正するには
ボールに当てよう、ボールを上げよう、
という意識を無くすことが大切です。

 

右手の角度をキープしたままスイング

 

ゴルフ100切り

 

アドレスの時、右手を甲側に曲げて
ハンドファーストの形を作ると思います。

 

右手の手首を伸ばすと、
右手が長くなるのでダフリやすくなります。

 

そのため、曲げた手首の形をキープする意識で
スイングすればダフりにくくなります。

 

クラブフェースがかぶってボールが上がらなくなると
心配に思うかもしれませんがそんなことはありません。

 

むしろ、低いボールを打つつもりで、
クラブフェースをかぶせたまま
インパクトすることが大切です。

まとめ

コース本番でダフリが出るようになったら
冷静になってダフリの原因を考えてみましょう。

 

ダフリの原因はスイングの最下点が
ボールの手前にあることです。

 

なぜ、そのようなスイングになっているのかわかれば
対策ができるはずです。

 

考えられる原因は、

  • 右足に体重が残っている
  • すくい上げる打ち方になっている
  • クラブヘッドが先行する

などが考えられます。

 

上記の原因がいくつか合わさっている場合もありますが、
大切なのは体の軸が左右にぶれないように
スイングすることがダフリ改善につながります。

スポンサーリンク