コロナで延期のマスターズは本当に開催できるのか?

タイガーウッズ トーナメント
スポンサーリンク

コロナウィルスの影響で
2020年のマスターズは11月12日~15日に延期されました。

しかし、実際本当に2020年中にマスターズが開催されるのか
はなはだ疑問に思います。



なぜかというと、コロナウィルスの感染者は、
アメリカがダントツ1位です。

しかも、ロックダウンされてからも、
うなぎのぼりのように感染者が増えています。

コロナウィルス

出典:外務省ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html

11月開催とはいえ、
こんな状況で本当にマスターズが開催されるのでしょうか?

アメリカのゴルフ場のほとんどがオープンしている

アメリカはロックダウンで外出禁止令が出ているものの
74パーセントのゴルフ場がオープンしているそうです。

アリゾナ州知事は4月末まで外出禁止令を延長するも、ゴルフは”必要不可欠な活動”とみなしたという。

週刊ゴルフダイジェスト4月21日号

こんな状況下でも
ゴルフは必要不可欠とみなされているようですね。

もちろん各ゴルフ場で対策はされているようです。

  • 練習グリーンの短い旗はなし
  • 併設のカフェやレストランは閉鎖されているところもある
  • バンカーレーキは置いていない(足でならすようになっている)

などなど、

でも、ゴルフ場によって対策の仕方はさまざまです。

レストランでも閉鎖されているコースもあるし、
営業しているコースもあります。

対策が緩いコースでは感染リスクは高いですよね。

しかも、感染のリスクは他にもあります。

トイレや椅子、手すりなど、
不特定多数の人が使用したものすべてから
感染する可能性があります。

ロックダウンはしているようですが、
アメリカのコロナウィルス対策は甘いように思います。

スポンサーリンク

イギリス、フランスのゴルフ場は100%閉鎖

ゴルフ場のほとんどが営業されているアメリカに対して、
イギリスやフランスのゴルフ場は100パーセント閉鎖です。

英国、アイルランドすべてのコースは閉鎖、練習施設も使えません。

週刊ゴルフダイジェスト4月21日号

しかも、経営的にもかなり苦しいようです。

今年、非常に雨の多い冬を過ごし、その時も頻繁に閉鎖されたコースが今また…。でも健康は何より優先されるべきだと思います。

週刊ゴルフダイジェスト4月21日号

イギリスは今年は、ほとんど閉鎖されて、
苦しい状況のようです。

それでも厳格に閉鎖しているのですね。

アメリカに比べて外出禁止令が徹底しています。

アメリカとはずいぶん温度差があるように思います。

スポンサーリンク

日本のゴルフ場は営業されているコースが多い

日本のゴルフ場はアメリカと同様
まだ営業しているコースが多いようです。

今になって営業休止するゴルフ場もあるようですが、
全面的な閉鎖ではないようです。

ロッカー室やレストランを閉鎖、
スループレーを実施するなど
対策はしているようです。

しかし、日本の現状を見ていると、
アメリカと同じような感じですね。

日本は世界に比べて感染者数は少ないですが
ちょっと不安が残りますね。

スポンサーリンク


世界が足並みをそろえなければ開催できない

マスターズのようなメジャー大会は
世界のナンバー1を決める大会です。

つまり、世界中の選手がアメリカに集まってきます。

世界中でコロナ渦が収束しなければ、
開催することはできません。

コロナ問題が収束していない国にはいきたくないですし、
収束していない国にいる人は受け入れたくないと思います。

イギリスやフランスが収束したとしても、
アメリカだけ収束していない
では開催できないでしょう。

もちろん、日本も例外ではなく、
ずるずる収束できない状況が続くようなら、
日本選手も受け入れられないかもしれません。

半年後、コロナウィルスの状況はどうなっているかわかりませんが、
今の現状を見るとマスターズが開催できるかは疑問符が残ります。

この先どんな状況になるのかわかりませんが、
無事開催されることを祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました