6インチプレースルール

人気のゴルフ教材!

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

シンプルスイングをマスターして、短期間で上達したい方におすすめです。

知らないと損をする!6インチプレースルールとは?

「6インチプレース」
という言葉を聞いたことがあると思います。

 

6インチプレースとは、
スルーザグリーン(フェアウェイとラフ)内のボールを
無罰で6インチ(約15㎝)まで動かすことができる

というルールです。

 

通常の競技では使われませんが、
ローカルルールでは使うことができます。

 

「ボールはあるがままの状態で打つ」
ということには反すると思いますが、
初心者のうちは使うのもアリだと思います。

 

どういうときに使うのかというと、

  • 木の根っこ近くでアドレスがとれない。
  • ディボットに入って打ちにくい。
  • ラフに沈んで打ちにくい。

というようなときにこのルールを使うと
かなり楽になります。

 

ドロップではなくてプレースですから、
確実にライのいいところに置けるわけです。

 

初心者の場合は、5~10打くらい
スコアが良くなるかもしれません。

 

ただし、仲間内でラウンドするときは、
6インチありかなしか確認の上で
使うようにしましょう。

 

ただ、あまり使いすぎるのも考え物です。

 

なぜなら、全てのショットが
ティーアップしたような
ライのいい状態で打てるわけです。

 

その方がスコアが良くなりますが、
それで本当にゴルフが上達するでしょうか?

 

理想を言えば、6インチプレースは
使わずにスコアが出せるのがベストです。

 

6インチプレースは、
自分の腕を考え、本当にピンチの時だけ
使うようにしましょう。

ゴルフ上達に役立つDVD教材!

ゴルフ100切り


初心者からトッププロまで
驚異的にレベルアップ!

カリスマコーチが教える
シンプルゴルフ理論
完全マスタープログラム

>>詳細はこちら<<