6インチプレースルール

知らないと損をする!6インチプレースルールとは?

「6インチプレース」
という言葉を聞いたことがあると思います。

 

ゴルファーの間では、
「6インチあり」「6インチなし」
とかいわれています。

 

6インチプレースとは、
できるだけミスショットを減らし、
プレーの流れをよくするための
ゴルフ場特有のローカルルールです。

 

個々のプレーヤーのラウンド時間を短くすることで
他のプレーヤーの待ち時間を減らし、
気持ちよくラウンドさせるためのルールです。

 

なので、6インチプレースのルールをうまく活用すれば
スコアアップも望めます。

 

6インチプレースとは?

 

6インチプレースとは、
スルーザグリーン(フェアウェイとラフ)内のボールを
無罰で6インチ(約15㎝)まで動かすことができる

というルールです。

 

 

プレースですから手で置いてもOKです。

 

ドロップの場合は肩から落とすので、
ライが悪くなることもあります。

 

しかし、プレースならそっと置くことができるので
芝の上に浮いた状態で置くこともできます。

 

なので、ミートしやすくなるし、
飛距離も稼ぎやすくなるでしょう。

 

ちょうど、スコアカードの縦の長さが
6インチである場合が多いので
目安になると思います。
(違うゴルフ場もあります)

 

気の利いたゴルフ場なら、
6インチの寸法がスコアカードに
印刷されているゴルフ場もあります。

 

通常はローカルルールとして
クラブ競技では使われないことがほとんどですが、
悪天候でコースコンディションが悪い場合、
クラブ競技やプロのトーナメントでも
使われることがあります。

 

6インチプレースでスコアが良くなる

「ボールはあるがままの状態で打つ」
ということには反すると思いますが、
初心者のうちは使うのもアリだと思います。

 

どういうときに使うのかというと、

  • 木の根っこ近くでアドレスがとれない。
  • ディボットに入って打ちにくい。
  • ラフに沈んで打ちにくい。

というようなときにこのルールを使うと
かなり楽になります。

 

ドロップではなくてプレースですから、
確実にライのいいところに置けるわけです。

 

初心者の場合は、5~10打くらい
スコアが良くなるかもしれません。

 

6インチにどっぷりはまっている人は、
フェアウェイやラフにボールが来たら
毎回動かす人も見かけるくらいです。

 

6インチプレースをフル活用して
良いスコアを出して自分に自信をつける、
という使い方が良いと思います。

 

ただし、仲間内でラウンドするときは、
6インチありかなしか確認の上で
使うようにしましょう。

 

ただ、あまり使いすぎるのも考え物です。

 

なぜなら、全てのショットが
ティーアップしたような
ライのいい状態で打てるわけです。

 

その方がスコアが良くなりますが、
それで本当にゴルフが上達するでしょうか?

 

理想を言えば、6インチプレースは
使わずにスコアが出せるのがベストです。

 

6インチプレースは、
自分の腕を考え、本当にピンチの時だけ
使うようにしましょう。

 

使い過ぎに注意

ただ、あまり使いすぎるのも考え物です。

 

なぜなら、全てのショットが
ティーアップしたような
ライのいい状態で打てるわけです。

 

その方がスコアが良くなりますが、
それで本当にゴルフが上達するでしょうか?

 

沈んだラフやディボット跡など
悪いライからでも打てるようになった方が
確実に上達するはずです。

 

フェアウェイやラフで、
毎回ボールを動かしている人を見て、
あなたはどう思いますか?

 

たとえその人がいいスコアでも、
あんまり上手そうに見えませんよね。

 

本当に実力をつけたいのなら、
6インチプレースは使わずにスコアが
出せるのがベストです。

 

理想を言えば、6インチプレースは
使わずにスコアが出せるのがベストです。

 

6インチプレースを使うときは、
自分の腕を考え、本当にピンチの時だけ
使うようにしましょう。

 

ゴルフ上達に役立つDVD教材!

ゴルフ100切り

ほとんどのアマチュアが100切りできない
本当の理由とは?

たった3年で189人のシングルプレーヤーを
生み出したカリスマ指導者が教える
最短スコアアッププログラム!
>>詳細はこちら<<