スライスの修正

スライスを修正する方法とは?

ゴルフ初心者の多くは
スライスに悩んでいるといわれています。

 

スライス系の球は安定するとは言われていますが、
それでも、飛距離が落ちるし、OBも怖いです。

 

100切りといわず、
これからスコアアップするために
できれば治しておきたいところです。

 

そのためには、スライスをする原因を把握して、
的確な修正方法をする必要があります。

 

スライスの原因は出玉の方向によって、
プルスライス
ストレートスライス
プッシュスライス
の3つのタイプに分けられます。

 

いずれも、フェースが開いてしまっていることが原因です。

 

フェースが開く原因としては、
次の2つが考えられます。

ウィークグリップになっている。

ゴルフのレッスンプロの中でも、
左手の甲を打つ方向に向けるように
教えるプロも多いようです。

 

でも、それでは打つ瞬間に
フェースが開きやすくなります。

 

スライスで悩んでいる人は、
まずグリップをフックグリップに
修正してみましょう。

 

下記の動画のように
グリップを修正してみてください。

体が開いてしまう。

フックグリップに修正してもスライスが治らない、
という人は、体が開いている可能性があります。

 

練習場ではスライスしないのに、
コースに出るとスライスする、

というのはこのタイプです。

 

コースに出るとどうしても球の行方が気になって
からだを開いてしまう、

 

球に当てる意識が強すぎて、
早めにコックをほどいてしまう、

 

するとフェースが開いてスライスします。

 

そのため、体の開きを抑えるように、
意識して修正する必要があります。

 

下の動画のようにストローを加えて、
ヘッドアップしないように修正する、
というのも良い方法ですね。

 

 

 

スライスをする人は、
フェースが開く原因が何なのかを
理解したうえで修正することが大切です。

 

物理学に基づくゴルフ理論とは?

短期間でスイングの悩みが解消、
飛距離も伸びた。

理にかなった理論だから
スイングに自信が持てる。

ゴルフスイング物理学の
レッスン動画の一部をご紹介!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓