ダフリの原因と修正方法

アイアンのダフリの原因と修正方法

せっかくグリーンに乗せられる距離にきても
ダフリが出てしまってほとんど飛ばない。

 

そんな悩みをもっていませんか?

 

得意の距離を残しても、
ダフって中途半端な距離が残ってしまうと
そこから大叩きすることもありますよね。

 

ダフリはどのようにして起こるのでしょうか?

 

下の動画にダフリの原因と対処法が
紹介されています。

 

ダフリの原因としては、

  • コックをほどくのが早い。
  • テークバックで腕が曲がる。

ということが考えられます。

 

動画のように左腕を伸ばしたまま打てば
ダフリを修正できるんですね。

 

でも、始めはなかなか違和感があって、
コースでいきなり修正するのは難しいと思います。

 

また、練習場のマットはソールが滑るため、
ダフってもある程度飛んでいきます。

 

そのため、ダフリが修正できているのか
なかなかわかりにくいですよね。

 

そんなときには、わかりやすくするため、
ボールの後ろにガムテープを貼るといいです。

 

ガムテープが剥がれると、
手前からダフっているということなので、
ダフっているかどうかチェックできます。

 

是非、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク