ドライバーチョロの対策

ドライバーのチョロ、コースで出る原因と対策

ゴルフ100切り

練習場では全く出ないのに、
コースに出ると何故か
ドライバーでチョロがでる。

 

そんな悩みで困っていませんか?

 

ドライバーはティーアップを高くして打つため、
あまりチョロすることは考えにくいです。

 

アイアンやフェアウェイウッドでチョロしても、
ドライバーでチョロするのはよほどのことです。

 

しかし、練習場ではチョロしないのに、
コースに出るとチョロが出るのは何故でしょうか?


クラブヘッドがアドレスの位置に戻らないのが原因

ドライバーに限らず、チョロする原因は、
クラブヘッドがアドレス時の位置に戻らないで、
ボールの真ん中より上に戻っています。

 

ドライバーの場合は5cmくらいティーアップしているので、
ボールの真ん中より上を叩くには
7~8cmくらいずれているということになります。

 

かなり大きなズレですね。

 

基本的にクラブヘッドがアドレスした位置に戻れば
チョロは出ないはずです。

 

実践でもクラブヘッドをアドレスの位置に戻す、
という意識でスイングすれば、
チョロはしなくなるはずです。

腰が地面と水平になっていない

チョロする原因の一つとして
左の腰が上がるということが考えられます。

 

スイング中に左腰が上がると、
上半身でダウンブローにスイングしても、
スイングとしてアッパーブローになることがあります。

 

自分ではサイドブローに振っているつもりでも、
ドライバーでチョロが出る人は、
腰が水平になっているかどうかチェックしてください。

 

まな板が斜めになっていてはうまく切れないのと同じように、
下半身を水平に安定させないとショットも安定しません。

すくい上げるスイング

また、右肩が下がりすくい上げのスイングになっていても、
チョロが出ることがあります。

 

ティーアップしているからといって
必要以上にアッパーブローにする必要はありません。

 

他のクラブと同じようにスイングすることが大切です。

 

インパクトの位置が少し左足寄りになるだけで
アッパーブローになります。

 

また、実践でチョロになる原因として、
クラブヘッドを先行させる、
ということも考えられます。

 

まっすぐ飛ばそうという意識が強すぎて、
コックを早くほどいてしまうという例です。

 

コックを早くほどくとクラブヘッドが下から入るため、
チョロが出る可能性があります。

 

実践でも、手首の角度が変わらないように
意識することが大切です。

ティーグラウンドが平らではない

ゴルフ100切り

練習場と違って、ゴルフコースのティーグラウンドは
必ずしも平らではありません。

 

わずかではありますが傾斜になっていることがあります。

 

どこのゴルフコースも平らである、
と思い込んでいる人は注意が必要です。

 

練習場のつもりで打っていると
曲がったり当たらなくなることがあります。

 

ティーグラウンドのライがつま先下がりや左足下がりになっていると
チョロになる可能性が高くなります。

 

コースでドライバーショットをするときは、
傾斜の上体をよくみて
それに対応した打ち方をになければなりません。

 

例えば、左足下がりは少し左足体重を多めにしたり、
つま先下がりは体の上下の動きを抑えて打つとか、
傾斜に対応した打ち方を意識しましょう。


ティーアップを低くして練習

ゴルフ100切り

練習でチョロが出なくても
実践で出るということは、
あなたのスイングにチョロが出る要因がある、
ということです。

 

なので、チョロの要因をなくすように
スイングを改善する必要があります。

 

その修正方法としては、
ティーアップを低くして練習することが有効です。

 

アイアンほど低くする必要はないですが、
ドライバーのスイートスポットくらいの高さにティーアップして練習します。

 

低いティーアップでダフリ、トップが出ないように練習すれば
スイングの精度があがりチョロもしなくなります。


まとめ

ドライバーはティーアップを高くして打つため、
基本的にチョロは出にくいはずです。

 

実践でチョロが出る原因は、
必要以上にアッパーブローになっているからです。

 

練習場ではチョロしなくても、
スイングにアッパーブローの
要因がある可能性が高いです。

 

なので、普段の練習で、
アッパーブローからサイドブローのスイングに
矯正する必要があります。

 

そのための有効な練習方法として、
ティーアップを低くして打つ、
という方法があります。

 

スイングがアッパーブローになると
ミートできずチョロになりやすくなります。

 

低いティーアップで打てるように練習することが、
ドライバーのチョロをなくすために有効な手段です。

物理学に基づくゴルフ理論とは?

短期間でスイングの悩みが解消、
飛距離も伸びた。

理にかなった理論だから
スイングに自信が持てる。

ゴルフスイング物理学の
レッスン動画の一部をご紹介!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓