アプローチイップスを克服するために私が実践している練習法

アプローチイップス 練習法
スポンサーリンク

練習ではそこそこのアプローチができても
実際のラウンドでザックリやトップしたりする
そんな悩みを持つ人も多いと思います。

ゴルフが上達すればするほど
アプローチイップスの悩みは深くなるように思います。



アプローチイップスのせいで上達が妨げられている
という人も多いのではないでしょうか?

私もアプローチがうまくいかず悩んでいました。

アプローチのザックリが怖くて、
グリーン周りからトップしたり、
強く打ちすぎたり…

グリーンに乗せることすらできないことがよくありました。

でも、ある動画で紹介されている練習を実践したところ
アプローチが怖くなくなりました。

その動画がこちらです。

いくつか練習方法がある中で、
両脇にタオルを挟んでアプローチする練習が
私には凄く効果がありました。

動画ではサラッと流している感じですが
凄く効果があるのでイップスで悩んでいる人は
是非試してみて欲しいと思います。

この記事では、タオルを挟んでアプローチする練習で
どんな効果があったのかについてまとめてみました。

手を使い過ぎると良くないことがわかった

アプローチでトップやダフりになるのは、
手を使い過ぎていると思います。

ウェッジは、結構重いです。

重いクラブを手先でコントロールしようとしても
よほど力がないとうまくできないと思います。

数百グラムあるクラブのエッジをボールの下に入れ、
さらに力加減もコントロールする

考えてみればすごく難しいことだと思いませんか?

タオルを脇に挟んでアプローチすることで、
手と体が同期して打つことができます。

手の動きを最小限に抑えて
体の回転で打つことで
スイング軌道が安定して
優しくアプローチすることができます。

体を使うことでクラブの重みをしっかり支えて
安定したスイング軌道で打つことができるのです。

スポンサーリンク

デリケートなアプローチもやりやすい

手をほとんど固定したまま体の回転でアプローチすると、
デリケートなアプローチがやりやすくなります。

ヘッドスピードをゆっくりにしてもきれいに打てるので、
ヤード先に落とすショットも打つことができます。

ダフりやトップの不安がないので、
パンチが入って大オーバーすることもなくなりました。

私は、狭い部屋の中で、
1ヤード先に落とすアプローチ練習をしています。

ヘッドスピードを速くしたり遅くしたり、
いろいろな打ち方をして打っていますが
ダフりやトップをせず安定してアプローチできるようになりました。

打ちっ放しでは20ヤードから30ヤードのアプローチを、
ヘッドカバーを脇に挟んで練習しています。

30ヤード以内のアプローチで
安定した距離感が出せるように練習しています。

バンカー超えのアプローチもできます。

ダフりやトップの恐怖感がなくなると
自信を持ってアプローチできるし
距離感も安定するようになります。

スポンサーリンク

パターイップスにもよさそう

パターイップスは手がうまく動かず
ストロークのときにフェース面の向きが変わったり
力が入ってパンチが入ってしまう病気です。

やはり、重いパターを手の動きでデリケートに動かすのは
とても難しいことだと思います。

それより、手を動かさず、
体の回転を使ってパターをすれば
パターも安定してくると思います。

そもそも手を動かさないのですから、
余計な手の動きをしないですみます。

さすがに長いパットは手を動かす必要がありますが、
3m以内のパットは手を動かさず打つことができます。

ショートパットで手が動かなくなる、
という人は試してみてください。

スポンサーリンク


まとめ

この記事では、脇にタオルを挟んでするアプローチ練習について
私が効果があったと思うことについてお伝えしました。

脇のタオルを落とさずアプローチ練習することで、
手と体を同期して打つことができます。

アプローチイップスの原因は手の使い過ぎによるものです。

手を使い過ぎると重いクラブをうまくコントロールできず、
ダフりやトップしてしまうのです。

体の回転を使ってアプローチすることで、
重いクラブを支えることができるため
デリケートな動きもコントロールできるようになりました。

同じ考え方はパターにも通用します。

アプローチのダフりやトップが怖い
練習では問題なく打てるアプローチが本番ではダフりやトップする。
1mのパットが入る気がしない

そんな悩みで困っている人は、
是非試してみて欲しいです。

今までより、ゴルフが楽しくなると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました