100切りの練習

人気のゴルフ教材!

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

シンプルスイングをマスターして、短期間で上達したい方におすすめです。

100切りのための練習法

ゴルフで100切りをするために
普段からするべき練習法とは?

 

ここでは、スコアアップするために必要な練習法や
やってはいけない練習などについて解説しています。

100切りのための練習法記事一覧

あなたは、練習場ではどんなクラブを練習していますか?飛ばないからといってドライバーの練習をたくさんしていませんか?飛距離をもっと伸ばしたいのならそれもアリなのかもしれません。でも、ドライバーの練習をしすぎると、アイアンやアプローチがうまくなりません。100切りをしたいなら、アイアン、特にショートアイアンをみっちり練習すべきです。特におすすめなのは、サンドウェッジで決めた距離を打つ練習です。例えば、...

あなたは、自宅でパターの練習をしますか?パット数はゴルフのスコアの中で、30~50%も占めています。100切りをするためには、パターの練習はとても大切です。パターの練習は場所を取らないので、目標に向かって打つ練習なら自宅でも練習可能です。自宅でパターの練習をするとき、パターマットが必要かどうかという問題ですが…じゅうたんやカーペットがあれば、それでも十分OKです。フローリングや畳の部屋しかないとき...

普段、バンカーの練習をしたくてもなかなかできない方も多いと思います。練習場にバンカー練習場がなかったり、あっても、夜はできなかったり、そんな人のために、練習マットの上でできるバンカー練習の方法をご紹介します。ボールの手前をダフってもソウルが滑ってボールを上げられるのが体感できると思います。練習場に短めのティーが無くても、ゴルフショップに売っているので、自前で1つ買ってもよいと思います。バンカーが苦...

ドライバーが上手く打てないのでドライバーの練習ばかりする。という人をよく見かけます。確かに、うまく打てないクラブを練習したくなる気持ちもわかります。でも、ドライバーは他のクラブと違って、アッパーブローに打っていくため、スイングを崩してしまいます。ドライバーが打てるようになっても、他のクラブが打てなくなってしまうこともあります。なので、練習場ではアイアン中心に練習することがおすすめです。ドライバー練...

練習場のマットはソウルがうまく滑るため、ダフってもそこそこ飛んでいきます。そのため、アプローチ練習しても、なかなか実践でうまくいかないですよね。でも、アプローチ練習できるような練習場はなかなか無いし、あっても夜できないとか、なかなか練習する機会も少ないと思います。そこで、練習場のマットの上でできる効果的なアプローチ練習法をご紹介します。下の動画を見てください。マットの後ろにボールを置いてアプローチ...