100切りの戦略

100切りのための戦略

ゴルフで100切りをするためには
それほど飛距離や技術は必要ありません。

 

 

ただ、考え方を変えるだけで
スコアが大きく変わってきます。

 

 

ここでは、100切りをするために
必要な戦略について解説しています。

戦略編記事一覧

100切りのコツをお話する前に、100切りに対する考え方をお話する必要があります。一般的に、パー72のコースの場合、+27で99のスコアです。18ホール全部ボギーで回ったとして90です。なので、基本的には、パー3は2オン2パットパー4は3オン2パットパー5は4オン2パットを目指してラウンドしていきましょう。それで9つミスしても100切りできます。これは、あなたにとって難しいと感じるかもしれません。...

あなたは、ティーショットするとき、どこの位置にティーアップしますか?何となく真ん中にティーアップしていませんか?実はティーアップの位置はとても重要になります。なぜなら、ティーアップの位置をちょっと変えると、フェアウェイが広く使えるようになるからです。例えば、スライスが持ち球の人は、ティーグラウンドの右側にティーアップすれば、左側が広く感じて、自信をもってティーショットできるはずです。フックが持ち球...

ティーショット、セカンドと、いい感じでグリーン周りに運んでも、アプローチで大たたきしてしまう、という人は意外と多いと思います。あなたは、アプローチをするとき、どんな気持ちでアプローチしていますか?ピッタリ寄せてやろう、と思っていませんか?もちろん、それも大切ですが、まずはグリーンに乗せることが大切です。そのためには正攻法のアプローチを選択しなければいけません。正攻法のアプローチとは「転がし」です。...

せっかくパーオンしてもパーが取れない。10m以上のパットは2パットで行ける気がしない。そんな悩みを持つ方も多いと思います。ショットの半分をパターが占めているので、パター次第でスコアが大きく変わってきます。パット数を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?パット数を減らすために大切なことが2つあります。それは、パターの距離感をつかむこと。ショートパットを外さないこと。それでは、1つずつ解説していきます...

ドライバーでティーショットするとスライスしてしまう。ドライバーがまともに当たらない。どうしてもティーショットがうまくいかない人も多いと思います。ティーショットが真っすぐ飛ばないと、林の中や深いラフに入ってしまい、大叩きの原因になってしまいます。それに、仲間がずっと前まで飛ばしていると気分まで滅入ってしまいますよね。そこで、ティーショットがどうしてもうまくいかない人は、スプーンやクリークなどでティー...

ドライバーが苦手でスライスしか出ない。ドライバーがまともに当たらない。そんな悩みを持つ人も多いと思います。もしかしたら、ドライバーよりも5Wの方が飛ぶのかもしれません。そんなときは、冷静に考えると、ドライバーを使わない方が賢明ですよね。一般的にロフトのあるクラブの方が、スライスしにくい傾向にあります。なので、スライスで悩んでいる人は、ドライバーよりも5Wロングアイアンよりもユーティリティーを使った...

2打目で残り30ヤードの地点まで来て、もしかしたらパーがとれるかも、と思ったらウェッジでザックリ、次のショットはダフらないように、と思ったら今度はトップしてグリーンオーバー、なんていう経験はありませんか?距離が近いだけにアプローチで大叩きするのは悔しいですよね。しかし、初心者ほどアプローチの練習をしない傾向にあるようです。しかし、100切りができるかできないかのポイントは、アプローチでのミスを減ら...

ゴルフで100を切るには飛距離が必要だ。だから苦手でもティーショットはドライバーを握る。という人は多いと思います。あるいは、ドライバーくらい打てないと100切りはできないんじゃないか?と思う人もいるかもしれません。でも、冷静に考えてみてください。ドライバーがスコアアップの足かせになっていませんか?ここでは、ティーショットでドライバーを使うデメリットについて考えてみました。ひょっとしたらドライバーが...

アマチュアゴルファーにとって、ショートホール(パー3)は最もスコアをまとめやすいホールです。距離や難易度にもよりますが、平らなティーグランドからティーアップした状態でグリーンを狙えるからです。そのため、100を切りたいなら、最低でもボギーの4打でまとめたいところです。しかし、ショットが安定しないうちは、バンカーに入れたり難しいアプローチを残したり、結果ダブルボギー、トリプルボギーになっていませんか...

一般的なゴルフ場では、パー4(ミドルホール)は10ホール以上あり、スコアの大部分を占めています。ミドルホールを安定して5か6まででプレーできれば100切りが見えてきます。しかし、パー4の中には、200ヤード台で飛ばし屋ならワンオンが狙えるホールから、400ヤードを超える2オンが難しいホールまで、様々なコースがあります。なので、各ホールの長さや難易度に応じた戦略が必要になります。

パー5(ロングホール)は、ショットの良し悪しでスコアに差がつくホールです。ショットが左右に曲がって距離が稼げるないと、トリプルボギー以上のスコアになるし、それなりのショットが続けられれば、パーやバーディーにもなります。100切りを目指すのであれば、パー4と同じようにダブルボギー以下のスコアで上がりたいところです。目標としては4打目でグリーン周りに運ぶ、ということになります。500ヤードのパー5なら...