100切りのプレッシャーに勝つ!簡単なメンタルトレーニング

100切りメンタル 練習法
スポンサーリンク

最終ホールでダブルボギーなら100が切れるのにOBを打ったり、
プレッシャーで短いパットを外したり、
メンタルが原因で100が切れない人も多いと思います。

せっかくいい調子でプレーしていても
簡単なミスで100切りを逃すのは悔しいですよね。



肝心な場面でミスしてしまう人は、
人1倍ゴルフが好きなんだと思います。

ゴルフが好きだから良いスコアで回りたい。

一打一打を大切に打ちたい。

そんな意識が強いのだと思います。

でも、ゴルフは欲との闘いです。

良いスコアを出そうという意識が強いほど、
ボールは曲がり、パットは外れやすくなります。

この記事では、メンタルででスコアを崩す原因や、
乗り越えるためのメンタルトレーニングの方法についてまとめてみました。

うまく打とうとするほどうまく打てない

肝心な場面でミスをする大きな原因は
上手く打とうとしすぎることだと思います。

100を切れそうになってくると、
とにかくミスは避けたいですよね。

ティーショットはOBしたくない。

アプローチはグリーンに乗せたい。

パットは入れたい。

そんな気持ちになればなるほど、
ミスが増えていきます。

うまく打とうという気持ちが、
スイングを変化させるからです。

例えば、ティーショットでOBしたくないと思ったら

ティーショット絶対まっすぐ飛ばしたい

ボールの行方が気になる

顔が早く上がる

スライスする、当たらない

という具合にミスにつながるのです。

パットの場合もそうです。

パットを絶対に入れたい。

まっすぐ転がっているか気になる

早めにカップを見てしまう

方向がずれる

パットが外れる

といった感じです。

他にも、

クラブフェースにまっすぐ当てたい
と思ったら打ち急いでスライスすることもあります。

ダフりたくないと思ったら、
当てにいってトップしたり、
シャンクすることもあります。

あなたはそのつもりはなくても、
うまく打とうと思った瞬間にスイングは変化します。

スポンサーリンク

プレッシャーに慣れていない

プレッシャーのかかった場面でミスする人は
プレッシャーに慣れていないのかもしれません。.

でも、誰にだってプレッシャーはあります。

プロゴルファーにでもあります。

私は、ツアー優勝が見えたとたん、
あり得ないミスをして優勝を逃すプロを何人もみました。

例えば、

  • ショートアイアンのアプローチをざっくりして池に入れる
  • フェアウェイの真ん中からシャンクする
  • 数十センチのパットを外して優勝を逃す

など、一流のプロとしたらあり得ないですよね。

初めてのツアー優勝がかかったショットなら、
プロゴルファーでも簡単なミスをすることがあるのです。

一流プロですらプレッシャーに負けることがあります。

つまり、慣れていないプレッシャーに出会うと、
誰しもが簡単なミスをする可能性があるということです。

慣れてこれば、次第にミスをしないようになるはすです。

大切なのは、次のラウンドでどんな対策をするかです。

スポンサーリンク

プレッシャーに対応するメンタルトレーニングとは?

何度もプレッシャーに負ける人は、
普段の練習からメンタルトレーニングすることをおすすめします。

  • 絶対OBできないティーショットの場面
  • 絶対乗せなければいけないアイアンショット
  • 入れたら100切りのパット

など、自分で場面を想像して打つことです。

できるだけリアルにイメージして打つことが大切です。

例えば、打ちっ放しにある旗と旗の間に絶対打つ、
と思いながら打つことによって、
自分で自分にプレッシャーをかけることができます。

  • 3球連続で旗と旗の間に打つ
  • 5球連続でグリーンに落とす
  • 10球連続でパターを入れる

というようにルールを決めて練習するのもいいと思います。

目標の球数が近づくほどプレッシャーがかかります。

プレッシャーのかかった場面でどんな球がでますか?

練習場なら自分で自分のスイングをスマホで撮影できるはずです。

プレッシャーのかかったショットがどんなスイングになるか
把握することができます。

つまり、肝心なショットのときに何に気を付ければいいか
わかってくるはずです。

自分なりのルールを作ってプレッシャーをかけることで、
肝心な場面でも自信を持って打つことができるでしょう。

スポンサーリンク


まとめ

もう少しで100が切れそうなとき
プレッシャーに負けてミスをする人は、
うまく打とうとし過ぎているのかもしれません。

ゴルフはうまく打とうとすればするほど、
普段のスイングができなくなりミスにつながります。

そんなプレッシャーを乗り越えるには、
プレッシャーに慣れることが大切です。

何度も同じようなプレッシャーを経験することで、
自分なりに対策できるようになるからです。

もし、何度もプレッシャーに負けるようなら、
普段の練習からメンタルトレーニングすることをおすすめします。

自分で決めた範囲に絶対に打つ
とリアルにイメージしながら練習することで
プレッシャーがかかるとどんな癖が出るのかわかってきます。

あなたの悪い癖がわかれば
プレッシャーがかかった時どこに気を使たらいいかが見えてくるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました