スコアアップのためのグローブの選び方

人気のゴルフ教材!

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

シンプルスイングをマスターして、短期間で上達したい方におすすめです。

スコアアップのためのグローブの選び方

あなたは正しいグローブの選び方を
知っていますか?

 

グローブのサイズ一つとっても、
ピッタリサイズを選ぶ人や、
緩めのサイズを選ぶ人、

さまざまいると思います。

 

でも、緩めのサイズのグローブをすると
力がボールに伝わりにくくなり、
飛距離が落ちるんです。

 

それは、手とクラブの間に
隙間ができるからなんですね。

 

あなたも、グローブ選びで
飛距離を損しているかもしれません。

 

グローブは、使っているうちに伸びてくるので
きつめのグローブを選ぶようにしてください。

 

ちょうど、ゴム手袋のように、
手の形が浮き出てくるくらいです。

 

同じセンチ数でも、
メーカーによって違いがあるので、
買う前には試着してから買いましょう。

 

グローブの材質について

グローブはその材質によって、
グリップ力やフィット感が変わってきます。

 

当たり前ですが、グリップ力のないグローブは
飛距離ダウンの原因になります。

 

グローブの材質は、
天然皮革、合成皮革、人工皮革
の3種類です。

 

それぞれ、メリット、デメリットがあります。

 

天然皮革のメリット

  • フィット感、グリップ力は抜群

天然皮革のデメリット

  • 雨の日はヌルヌルしてグリップ力がなくなる。
  • 耐久性がない
  • 価格が高い

 

合成皮革のメリット

  • 耐久性は抜群
  • 価格が安い
  • 雨の日でもグリップは維持される。

合成皮革のデメリット

  • ・フィット感、グリップ力は劣る

 

人工皮革のメリット

  • フィット感、グリップ力は良い(天然皮革には劣る)
  • ・雨の日でもグリップは維持される。

 

人工皮革のデメリット

  • 耐久性がない
  • 価格が高い

 

上記に書いたメリット、デメリットは
一般的に言われていることです。

 

メーカーによって、
それぞれのデメリットをカバーして
性能を高めているものもあります。

 

グローブ選びで大切なのは、
グリップにピッタリフィットするかどうかです。

 

実際に試着してグリップを握ってみて、
しっくりくるグローブを選びましょう。

ゴルフ上達に役立つDVD教材!

ゴルフ100切り


初心者からトッププロまで
驚異的にレベルアップ!

カリスマコーチが教える
シンプルゴルフ理論
完全マスタープログラム

>>詳細はこちら<<