100切りドライバー

100切りにドライバーは必要なし!意外なデメリットとは?

ゴルフ100切り

ゴルフで100を切るには飛距離が必要だ。
だから苦手でもティーショットはドライバーを握る。

 

という人は多いと思います。

 

あるいは、ドライバーくらい打てないと
100切りはできないんじゃないか?

 

と思う人もいるかもしれません。

 

でも、冷静に考えてみてください。

 

ドライバーがスコアアップの足かせになっていませんか?

 

ここでは、ティーショットでドライバーを使うデメリットについて考えてみました。

 

ひょっとしたらドライバーが得意な人でも
当てはまることがあるかもしれません。

 

なかなか100が切れない人は
参考にしてみてください。

 

ミートしにくい

 

まずドライバーは14本のクラブの中で
一番長いクラブです。

 

また、スイートスポットが高い位置にあるため、
他のクラブより高くティーアップして打たなくてはなりません。

 

そのため打点も打ち方も
他のクラブと違ってきます。

 

そのため、クラブのスイートスポットに当てることが難しくなります。

 

ドライバーと他のクラブは全く別物と考えた方がいいくらいです。

 

最近のドライバーはヘッドが大きくなり、
スイートスポットが広くなったものの
スイングが安定しないと飛距離も安定しません。

 

3番ウッドや5番ウッドの方が安定して飛距離が出る場合も多いです。

 

本来、一番飛ぶはずのドライバーより
3番ウッドや5番ウッドの方が飛ぶとなると
ドライバーを使うメリットがありません。

 

100切りを目指しているなら
飛距離の安定しないクラブを使うより
安定したフェアウェイウッドを使う方が
間違いなく早く100を切れるはずです。

 

スライスしやすい

 

ドライバーは全てのクラブの中で
パターの次にロフト角が小さいクラブです。

 

そのため、クラブフェースが左を向きにくく
スライス回転がかかりやすくなっています。

 

また、大型ヘッド化にともない
シャフトから重心までの距離が長くなり
クラブフェースの返りがゆっくりになります。

 

ということは、クラブフェースが開いて当たりやすいということになります。

 

ドライバーを大型ヘッドに変えたときに、
一番悩むのはこの点で、
プロゴルファーでも悩む人は多いです。

 

つまり、今のドライバーは昔のドライバーより
スライスしやすい
クラブです。

 

スライスで悩んでいる人は、
ドライバーを使うことで
余計スライスする可能性があります。

 

スライスのミスを減らすためには
フェアウェイウッドでティーショットするのが無難です。

 

スイングがアッパーブローになりやすい

 

ドライバーは、高くティーアップして打つため、
下からすくい上げるアッパーブローのスイングで打ちます。

 

ドライバーが得意な人は
もともとアッパーブローのスイングなのかもしれません。

 

ドライバーは得意だけど
セカンドショット以降でチョロやザックリが多い
という人はこのタイプです。

 

おそらく、アイアンやフェアウェイウッドも
アッパーブローで打っています。

 

スコアアップを目指すなら、
アイアンの練習をメインにすべきです。

 

練習場のマットの上から
しっかり打ち込むスイングを
身につけることが大切です。

 

ドライバーのスイングが他のショットに影響する

 

ドライバーはアッパーブロー、
アイアンはダウンブローで打っていると
どちらかのスイングが狂ってくることがあります。

 

ドライバーはティーアップの高さや
ボールの位置が大きく違うので
タイミングやリズムが狂うことがよくあります。

 

ボールがどの位置にあっても
スイングの中でボールが捉えられればいいのですが
スイングが安定していないと難しいです。

 

なので、ティーショットもセカンドショット以降も
安定したショットを打つために、
フェアウェイウッドでティーショットするのがおすすめです。

 

ティーアップの高さやボールの位置があまり変わらないため、
全てのショットが変わらないリズムで打てるからです。

 

まとめ

これまでお伝えしたように、
ティーショットでドライバーを使わないことで、
ショット全般に好影響を与えることがおわかり頂けたと思います。

 

ドライバーもアイアンも変わらず打てるのが理想的ですが
スイングが安定しないうちは難しいです。

 

というか、それができたら100は切れているはずです。

 

100切りを目指すなら、
スコアの70パーセント以上を占める
アイアンやフェアウェイウッドを練習すべきです。

 

100切りの最短距離の方法は、
ドライバーを使わずフェアウェイからのショットを徹底的に練習する。

 

ティーショットはティーアップ低くくして打てる
フェアウェイウッドを使う。

 

これが初心者が100を切るベストな方法です。

 


物理学に基づくゴルフ理論とは?

短期間でスイングの悩みが解消、
飛距離も伸びた。

理にかなった理論だから
スイングに自信が持てる。

ゴルフスイング物理学の
レッスン動画の一部をご紹介!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓