全米プロゴルフ選手権で優勝した意外な選手の特徴とは?

全米プロゴルフ選手権 トーナメント
スポンサーリンク

全米プロゴルフ選手権は、
ゴルフの4大メジャー大会の一つです。

マスターズ、全米オープン、全英オープンと並んで、
ゴルフの最高峰のトーナメントです。



この大会は、4大メジャーの中で、
唯一アマチュアの出場が認められていません。

英語で、PGAチャンピオンシップと呼ばれる通り、
PGAツアープロのチャンピオンを決める大会なのです。

全米プロゴルフ選手権では、
過去に中島常幸選手が3位に、
青木功選手が4位に入っています。

その他は、松山秀樹選手が2016年に4位、
2017年に5位に入っています。

日本人でトップ10に入ったのは、
それだけです。

意外に苦戦しているようです。

しかし、アジア選手の中では、
過去に日本ツアーで活躍したY・E・ヤン選手が
タイガーウッズとの死闘を征して優勝しています。

ヤン選手はアジア人として初めてのメジャー制覇です。

また、アジアンツアーでも活躍していた、
フィジーのビジェイ・シン選手の
メジャー初優勝もこの大会です。

この2人に代表されるように、
全米プロでは意外とメジャー初優勝が多い大会のように感じます。

2020年のコリン・モリカワ選手も、
ツアー初優勝がメジャー大会という快挙でしたね。

この全米プロゴルフ選手権は、
他のメジャー大会と比べて何か違いがあるのでしょうか?

この記事では、全米プロゴルフ選手権の特徴や、
優勝する選手の傾向についてまとめてみました。

出場資格はアメリカツアーが中心

全米プロゴルフ選手権の出場資格は、
他のメジャー大会とはちょっと変わっています。

それは、マスターズ、全米オープン、全英オープンは、
世界ランキングを基準に選ばれるのに対して、
全米プロはPGAの賞金ランキングを基準に選ばれるということです。

この選考基準を見ると、
アメリカツアーを中心に選考されていることがわかります。

では、出場資格を見てみましょう。

  • 全米プロゴルフ選手権の過去の優勝者
  • マスターズ、全米オープン、全英オープ過去5年の優勝者
  • 同じ年の全米プロシニアの優勝者
  • 前回の全米プロゴルフ選手権の15位以内
  • 同じ年のPGAクラブプロ選手権の20位以内
  • PGAの賞金ランキング70位以内
  • ライダーカップ、プレジデンツカップのアメリカメンバー
  • 前年の全米プロゴルフ選手権以降にPGAで優勝した選手
  • PGAオブアメリカが推薦した選手
  • 以上の資格で156人に達しない場合は、PGAの賞金ランキング71位以下の選手から、ランキング上位の選手に出場資格が与えられる

いかがですか?

この出場資格の基準を見ると、
アメリカツアーで賞金を稼いでいない選手は、
他のメジャーで優勝するか、
PGAオブアメリカの推薦をもらうしかないように思います。

例えば、日本の賞金王でも、
PGAオブアメリカの推薦がなければ出場できません。

ヨーロッパツアーの賞金王でも同じです。

逆に、PGAの選手は、あまり成績が良くなくても、
1回でも優勝すれば出場資格が得らることになります。

つまり、全米プロゴルフ選手権の出場選手は、
アメリカのPGAツアーの選手を中心に選考されているのです。

PGAチャンピオンシップ(PGAのチャンピオンを決める大会)、
と呼ばれるのはそういう理由もあるのかな、
と思います。

スポンサーリンク

コース距離は年々長くなっている

全米プロゴルフ選手権は、
メジャー大会だけあって、コースセッティングは難しくしてありますが、
全米オープンのような、難易度にはなっていないようです。

スコア的にもオーバーパーが優勝になることはないからです。

全米オープンは、
優勝スコアをイーブンパーを目標に
コースセッティングを考えているようですが、
全米プロはそこまで難しくありません。

悪くても-5以上の優勝スコアにはなっているようです。

それよりも、年々開催コースの距離が長くなっているような印象があります。

7400ヤードを超える距離で、パー70。

パー5のホールをパー4にして、難しくしてあります。

パー5でもなかなかバーディーにならず、
パー4も長くて難しい。

そんなセッティングが多いような感じです。

なので、飛距離の出ない選手は、
なかなかスコアを伸ばせない傾向にあります。

それでも、飛ばし屋揃いのPGAツアーの選手は60台を出してきます。

PGAツアーの上位の選手は、
平均飛距離と比例している傾向にあります。

なので、全米プロはPGAツアーの上位の選手が有利な大会といえます。

メジャー初優勝の選手も多い

全米プロゴルフ選手権では、
過去にジャック・ニクラウス選手が5回、
タイガーウッズ選手が4回優勝しています。

ローリー・マキロイ選手やブルックス・ケプカ選手など、
当時の世界ランキング1位だった選手も2回優勝しています。

比較的、実力のある選手が上位になりやすい大会といえます。

逆に、メジャー初優勝が多いのもこの大会の特徴です。

例えば、2020年はコリン・モリカワ選手がPGAツアー初優勝がこの大会でした。

他にも、1991年のジョン・デイリー選手もツアー初優勝。

その後、全英オープンで2勝しています。

あるいは、世界ランキング上位にいながら、
なかなかメジャーで優勝できない選手が
メジャー初優勝するのもこの大会です。

1998年のビジェイ・シン選手も、
この大会で初優勝して、
その後マスターズでも優勝しています。

  • PGAツアーで実力がありながらメジャーで勝てない。
  • デビュー間もない選手で、実力のある選手。

そんな選手が、この大会で優勝したのを踏み台にして、
他のメジャーでも優勝しているようです。

全米プロゴルフ選手権は、
PGAの選手にとっては、
実力を発揮しやすい大会なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

以上のことをまとめると、全米プロゴルフ選手権は、

  • アメリカのPGAツアーの賞金ランキングを基準に出場権を与えている。
  • PGAツアーでやっている選手が有利
  • コースの距離が長く、飛距離が出ない選手は苦しい
  • 飛距離の出るPGAツアーの上位の選手が活躍する
  • 実力があってもメジャーで勝てない選手が初優勝する
  • デビュー間もないPGAの選手が活躍する

そんな、トーナメントのように思います。

PGAでやっていない選手には苦しい大会ですね。

日本人選手の活躍に期待したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました