知らなきゃ損なアンプレアブルの処置!無罰になるケースも

アンプレアブル ルール
スポンサーリンク

ボールはあるがままに打て、
というのがゴルフの理想ですが、
どうしても打てないことがあります。

そんなときに、プレーを続けられるように、
アンプレアブルという救済を受けることができます。


アンプレアブルとは、
文字通りプレーすることができないという意味。

アンプレアブルを宣言することにより、
ペナルティーを払ってボールを打てる場所まで動かすことができるのです。

ゴルフ初心者は、このルールを使うことで、
無駄に大叩きをしなくて済むかもしれません。

アンプレアブルはどんなときでも使うことができます。

特別な場合しか使えないルールではありません。

なので、アンプレアブルは初心者にこそ、
使って欲しいルールなのです。

例えば、バンカーから出すことが難しい場合は、
アンプレアブルを宣言すれば、
バンカーの外にも出すことができます。

本当にバンカーから出ない人は、
このルールを利用すれば、
被害は最小限にとどめることができますね。

あるいは、アンプレアブルだと思っても、
アンプレアブルではなく、
無罰で動かせるケースもあります。

このように、アンプレアブルに詳しくなることで、
無駄にスコアを叩くことがなくなります。

知っておいて損はない情報だと思います。

アンプレアブルとは?

アンプレアブルとは、プレーが困難なときに、
所定の場所まで動かしてプレーを続けることのできるルールです。

アンプレアブルを宣言して、
ペナルティーを1打もしくは2打追加すれば、
所定の場所にドロップをすることができます。

アンプレアブルは、特別な場合だけでなく、
どんな場合でも宣言することができます。

例えば、深いラフに入っている場合や傾斜がきつくて打ちにくい場合でも、
近くに打てそうな場所があれば、宣言することができるのです。

1ペナルティー付加してそこにドロップすれば、
未然にミスを防げるかもしれません。

ただし、所定の場所に打ちやすい場所がない場合は、
そのまま打つしかないこともあります。

このままプレーを続けたらどうなるのか、
よく考えて判断する必要があります。

アンプレアブルができない場所は、
ペナルティーエリアの中だけです。

ペナルティーエリア内では、ボールを打つこともできますが、
打てない場合はペナルティーエリアの処置をすることになります。

スポンサーリンク

アンプレアブルの処置

アンプレアブルによるドロップは、3通りの方法があります。

  • ボールのある場所からカップに近づかない範囲で2クラブレングス以内。
  • カップとボールを結ぶ後方線上
  • 元の位置から打ち直し

この3通りになります。

2クラブレングスとは、ドライバー2本分の長さです。

2クラブレングス以内に打てる場所がなければ、
カップとボールを結ぶ後方線上、それもできなければ、
元の場所まで戻ることになります。

ドライバーの長さは45インチくらいですから、
2m30センチくらいの範囲で動かせる計算になります。

アンプレアブルによるペナルティーは、
基本は1打罰ですが、
バンカーから外に出す場合は2打罰になるので注意が必要です。

2クラブレングス以内にバンカーでない場所があればいいですが、
ない場合はバンカーの後方に出す必要があります。

後方にドロップしなければならないときは
もう一度バンカーに入るリスクも考えておきましょう。

ボールの場所に行って、
そのままプレーすることができない、
あるいは、そのまま打つと深みにはまってしまう

そう判断したときは必ず
「アンプレアブルにします」
と宣言してからボールを拾うようにしましょう。

宣言無しにボールを拾った場合は、
ペナルティーとなるので注意しましょう

拾うときは、ティーなどでマークすることを忘れないでください。

ラフからフェアウェイに出してもOK

アンプレアブルのドロップできる範囲は、
どのコースエリアでもよい、
となっています。

つまり、ラフからフェアウェイにも出せる、
ということです。

2クラブレングス以内、または後方線上にフェアウェイがあれば、
フェアウェイにも出すことができます。

ちょっと入ったラフが深くて打ちにくい、
フェアウェイ真ん中の木の根っこのそばに止まった、
という場合は、打ちやすいフェアウェイに出してもいいことになります。

確実に脱出する自信があれば打ってもいいですが、
脱出できる自信がなければ、
アンプレアブルで打ちやすい場所に出すことをおすすめします。

スポンサーリンク

アンプレアブルにした方がいいケース

では、どんなときにアンプレアブルにした方がいいのでしょうか?

アンプレアブルにした方がいいケースを、挙げてみました。

バンカーで目玉

バンカーに入ったとき、落下の勢いで、
ボールが目玉(もぐっている)場合がよくあります。

特に、バンカーの縁で目玉になっているときは、
プロでもアンプレアブルにすることもあります。

深い目玉を無理に打とうとするとボールが全く動かないこともあります。

そんなときはアンプレアブルにした方がいいと思います。

しかし、アンプレアブルはドロップしなければいけません。

バンカーの砂が柔らかい場合、ドロップしたボールも軽く沈む可能性があります。

2ペナルティーでバンカーの外にドロップするか、
1ペナルティーでバンカー内にドロップするか、
よく考える必要があります。

バンカーのうまさによって変わってくるので、
よく考えて判断してください。

木の根っこの近くにある

林の中に打ち込むと、
木の根っこのそばにボールが止まっている場合があります。

木の根っこの近くのボールを打つと、
ちゃんと当たらなかったり、
思わぬ方向にボールが飛ぶことがあります。

そればかりでなく、
クラブが折れたり傷ついたりすることもあります。

一見打てそうに見えても、
実際何が起こるかわかりません。

ギャンブルをして大叩きするより、
アンプレアブルで打てる場所から打つことをおすすめします。

深いラフに沈んでいる

夏場はラフがかなり伸びていて、
出すだけでも難しくなります。

上級者でもショートアイアンでしか打てないこともあります。

まして、初心者が打ったら、全く出ないことも考えられます。

そんなときは、アンプレアブルの処置を取った方が得策です。

無理に打って深みにはまるより、
打てそうな場所を探して
ドロップするようにしましょう。

ブッシュの中にある

ブッシュとは、ツツジなどの背の低い木のことをいいます。

全英オープンではよく見掛けますが、
日本のコースにもときどき見掛けます。

ブッシュの中に入るとスイングができず、
空振りのリスクさえあります。

何度打っても脱出できないこともあるので、
アンプレアブルの処置をとり、
打てる場所からプレーすることが得策です。

ボールが木に引っかかって落ちてこない

ボールが木に引っかかって落ちてこない場合は、
ボールの真下を基点として、
アンプレアブルの処置が受けられます。

木の枝の真下なら、打てる確率が高いので、
アンプレアブルの処置をするのが有利です。

ティーショットで引っかかった場合、
木の真下から3打目からプレーできます。

しかし、アンプレアブルにするには、
そのボールが自分のボールかを証明しなければいけません。

木に引っかかったボールを見て、
メーカー、番号が自分のものと一致しているか、
確認する必要があります。

木に登ったり、最近ならレーザー距離計で見て
自分のボールだと確認できれば
アンプレアブルの処置が取れます。

しかし、確認できないと、
ロストボールの扱いになります。

ロストボールなら、ティーグラウンドから3打目です。

OBと同ですね。

プロの試合で木に引っかかったボールを
一生懸命確認しようとしているシーンをたまに見掛けます。

何とか確認しようとするのは、
確実に1打違ってくるからです。

スポンサーリンク

アンプレアブルにならないケース

打つことが難しい状況の場合でも、
アンプレアブルにならないケースもあります。

次のようなケースは、アンプレアブルにならず、
無罰で動かすことができます。

地面にくいこんだボール

雨で地面が濡れていて、柔らかくなっている場合、
ボールが落下の勢いで、
地面にくい込んでしまうことがよくあります。

そんなときは、ボールが見つからないこともあります。

ボールが見つからないときはロストボールの扱いになりますが、
運良く見つかった場合は、
ペナルティー無しでドロップすることができます。

ボールのある場所からカップに近づかない範囲で、
1クラブレングス以内にドロップです。

ただし、ペナルティーエリア内では、
この救済は受けられません。

そのまま打つのか、ペナルティーエリアの救済を受けるのか、
判断が必要になります。

道路の近く

カート道路の上、または近くにボールが止まることはよくあります。

道路の近くに止まったボールは、
無罰でドロップすることができます。

仮に打つことができても、
スタンスが道路にかかるだけでも動かすことができます。

ボールが道路の近くにある場合、
道路に右か左かどちらに出すかが問題になります。

左右のドロップできる場所のうち、
近い方の場所(ニアレストポイント)にドロップするのが正しい場所になります。

このニアレストポイントは、
スタンスが道路にかからない位置で比較することになります。

なので、右利きの人は左側にドロップする確率が高くなります。

右側のポイントはスタンスした長さの分、
遠くなるからです。

競技ゴルフの場合は、正しくドロップするため、
きちんと測ってニアレストポイントを決めます。

まず、ボールをマークして拾い上げ、道路の左側近い場所にマーク、
次に右側でスタンスをとって、
スタンスがかからず打てる場所にマークします。

左右どちらが近いか確認して、
そこから1クラブレングスの範囲にドロップします。

右利きの人は、スタンスのスペースをとる分、
右側のポイントが遠くなります。

なので、ボールが右側寄りにあっても、
左側にドロップすることがあるので注意が必要です。

異常なコース状態

異常なコース状態な場所に止まったボールは、
ペナルティー無しで動かすことができます。

異常なコース状態とは、修理地や水たまりなどです。

修理地

修理地とは、芝生のはりかえなどの目的で、
コースの修繕をしている場所のことです。

芝生を傷めるので、
修理地ではプレーしてはいけません。

修理地は、通常青色の杭で囲まれています。

なので、青色の杭の中に止まったボールは、
ニアレストポイントから1クラブレングス以内にドロップするようにしましょう。

水たまり

水たまりの中に止まったボールは、
そのまま打ってもいいですが、
水しぶきを浴びることになります。

なかなか飛ばすことが難しくなるので、
水たまりの外まで動かすことができます。

明らかに水が浮いている場所でなくても、
ボールの近くを踏んで、
水が染み出してくれば水たまりになります。

水たまりに止まったボールは、
水が染み出さない場所まで動かすことができます。

同伴者に、
「カジュアルウォーターで出します」
と宣言してから動かすようにしてください。

また、バンカー内の水たまりに入った場合は、
ちょっと変わります。

ペナルティー無しでドロップできるのは、
バンカー内だけになります。

バンカーの外にドロップする場合は、
1ペナルティーになります。

バンカー内で、カップに近づかない場所がない場合は、
そのまま打つか、バンカーの外に出さなければいけないので注意が必要です。

6インチプレース

6インチプレースとは、
無条件で6インチ動かすことができる、
というローカルルールです。

6インチというと15センチくらいです。

ちょうど、手のひらを開いたくらいです。

それくらいの距離ならいつでも動かしていいですよ、
というルールになります。

プレースなので芝の上にそっと置くことができ、
打ちやすい状態でプレーすることができます。

6インチ動かすだけでも、かなり助かるケースがあります。

例えば、ボールが木の近くにあるケースです。

6インチ動かしたら木が邪魔にならない、
というケースはよくあります。

ただし、競技では使うことができません。

あるいは、プレーの前に、6インチプレースは使わないようにしよう、
と決めたら使うことができなくなります。

なので、本気で上達したい、競技ゴルフをしたい、
と考えている人は極力このルールを使わないことをおすすめします。

まとめ

この記事では、アンプレアブルの処置やアンプレアブルにした方がいいケース、
などについてお伝えしました。

難しい状況になったとき、
そのままプレーを続けることもできますが、
アンプレアブルをうまく活用すれば、
無駄に大たたきすることも減るでしょう。

あるいは、ペナルティーなしで動かせるケースもあります。

打ちやすい場所に動かせることを知っているのと知らないのとで、
スコアにも影響があるかもしれません。

アンプレアブルに詳しくなることで、
気持ちよくプレーすることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました