OBは2打罰じゃない!正しい数え方や処置の方法

ゴルフOB ルール
スポンサーリンク

ゴルフをする上で、
OBは避けて通れないものです。

OBを打ったら悔しいですが、
その後正しい処置ができるかどうかで、
ゴルファーとしての評価が分かれます。


例えば、数え方を間違えて、
過小申告すると反感を買います。

現場に行ったらOBだった、
ということがあると、
スロープレーにもつながります。

OBの正しい対処方法を覚えて、
スマートにゴルフしたいですよね。

この記事では、OBの正しい数え方や、
対処方法についてまとめてみました。

OBとは

OBとはOut of Boundsの略です。

Out Of Boundsとは境界の外という意味

つまり、ボールがコースの
外側に行った状態のことをいいます。

コースの境界線には、
白線か白い杭で区分けされています。

コースの周り意外にも、
谷や池などの周りが
OBになっていることもあります。

OBのエリアではプレーできません。

なので、
ボールがOBのエリアに止まったら、
1ペナルティーで
打ちなおさなければいけません。

OBの境界線

OBかどうかの判断は、
白線にかかっているかどうかで
決まります。

ボールが少しでも
白線にかかっていればセーフ

ボールのすべてが
OBエリアに入っている場合は
アウトになります。

境界線が白杭の場合は、
ボールをはさんだ白杭を
結んだ線が基準となります。

白杭の内側(コース内)の
2点を結んだ線に
ボールが少しでもかかっていれば
セーフということになります。

白杭の間隔が長いとわかりにくいので、
注意が必要です。

白杭がない場合

コースの周りに白杭や白線がない場合、
コースの外に行ってもOBにはなりません。

隣のコースに行っても、
そこから打つことができます。

また、白杭ではなく、
黄杭や赤杭になっていることもあります。

黄杭や赤杭は、
ペナルティーエリアなので、
ペナルティーエリアの処置に従って
プレーすることができます。

なので、打てる状況なら、
罰なしで打つことができます。

また、OBではないので、
打ち直しをする必要はありません。

黄杭の場合は、
境界線を最後に横ぎった地点と、
ピンを結んだ後方線上に
ドロップすることができます。

赤杭の場合は、
境界線を横ぎった地点の横に
ドロップすることができます。

杭の色によって、
処置の仕方が変わってきます。

スポンサーリンク

OBの数え方

OBは2ペナルティー、
と思っている人も多いと思います。

でも、厳密にいうと、
OBは1ペナルティーです。

例えば、ティーショットがOBの場合、

最初のティーショットが1打目

OBのペナルティーが1打

で、次のショットが3打目になります。

ローカルルールの前進4打も、
同じ考えです。

最初のティーショットが1打目

OBのペナルティーが1打

次のショットは
イエローティーまで打ったことにして1打

で、次のショットは
4打目ということになります。

OB1回打つと2打増えるのですが、
最初の自分で打ったショットも
1打として加えている訳です。

数え方としては、

OBのショットを無視した打数を数え、

それに、OBの数×2を加える。

ということで、正しい打数になります。

結果的にOBは2打プラスになりますが、
最初に打ったショットも合わせて、
2打加えるということですね。

スポンサーリンク

OBかな?と思ったら

あなたのショットが、
OBかどうか怪しい場合、
暫定球を打つことをおすすめします。

暫定球とは、
打った球が確認できないとき、
暫定的に打ちなおすボールのことです。

もし、最初のショットがOBなら、
引き続き暫定球でプレーできます。

最初のショットがOBじゃなかった場合、
暫定球を無効にして、
最初に打った球でプレーすることができます。

競技ゴルフの場合、
プレイング4(前進4打)ができないので、
現場に行ってOBだと、
元の位置はもどならけれはいけません。

なので、怪しいときは、
必ず打っておく必要があります。

プライベートのラウンドでも、
プレイング4がないホールがあります。

そんなホールでOB近くに飛んだら、
暫定球を打つようにしましょう。

暫定球を打つときは宣言する

暫定球で打つときは必ず、
今から打つボールは暫定球ですよ
という意志を宣言する必要があります。

宣言しないと、
最初のボールがセーフでも、
OBとして扱われるからです。

宣言しないと、
単なる打ち直しと見なされるんですね。

そんなことで、
スコアをロスしたくないですよね。

なので、暫定的を打つときは、
暫定球を打ちます、
と言ってから打つようにしましょう。

最初のショットは暫定球が超えた時点で無効になる

暫定球を打って、
最初に打ったボールがセーフなら、
最初のボールでプレーすることができます。

しかし、最初のボールを暫定球が超えて、
そのボールを打った時点で、
最初のボールが無効になります。

最初のボールを超えるまでは、
暫定球で何打打っても、
最初のボールは有効です。

例えば、
ティーショットがOBに近かったので、
暫定球を打ったらチョロしました。

この場合は、
引き続き暫定球でプレーしても、
最初のボールは有効です。

でも、次のショットで
最初のボールを超えました。

次のショットを打つ前に、
最初のボールがセーフだとわかったら、
その後は最初のボールでプレーできます。

でも、暫定球で次のショットを打つと、
最初のボールは無効になります。

最初のボールがセーフだったら、
もったいないですね。

なので、
暫定球が最初のボールを超えた時点で、
最初のボールを探してください。

暫定球でプレーを続けると、
最初のボールがセーフでも
無効になるので注意しましょう。

●まとめ

この記事では、
OBの数え方や正しい対処について
お伝えしました。

OBの正しい数え方は、

  • OBになったショットに1ペナルティを加えて、プラス2打になる。
  • OBを除いた打数にOBの数×2を加える。
  • 前進4打(プレイング4)は、OBになったショット、プラス1ペナルティ、プラスプレイング4の位置まで打ったと仮定した打数の3打を加える

OBは基本的に打ち直しになります。

プレイング4があるホールは、
前進4打でプレーできます。

プレーの進行を速くするには、
その方がいいでしょう。

しかし、プレイング4がないホールは、
打ち直ししなければいけません。

競技なら、
OBを打った場所まで戻って打ち直しです。

そうならないように、
プレイング4のないホールは、
暫定球を打つことをおすすめします。

暫定球でプレーして、
最初のボールがセーフなら、
ペナルティなしで、
最初のボールでプレーできます。

正しい処置ができれば、
同伴者の印象も良くなります。

スマートにプレーするためにも、
OBの正しい数え方や処置を
覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました