シャンクのが出る原因と修正方法

ゴルフコースでシャンクが出る原因と修正方法

ゴルフ100切り

あなたは、コースでシャンクが出て、
止まらなくなったことはありませんか?

 

一度シャンクが出るようになると、
連鎖反応のように止まらなくなりますよね。

 

でも、ラウンド中にシャンクが出ても
修正方法がわかっていれば、
ミスを最小限で抑えることができます。

 

そもそも、シャンクは
どのようにして起こるのでしょうか?

 

 

シャンクとは、アイアンのシャフトと
ヘッドの付け根の部分(ネック)にボールが当たる現象です。

 

シャフトの付け根の部分は、
丸い形をしているので
当たるとどこに飛ぶかわかりません。

 

ほとんどの場合は大きく右に飛びだします。

 

本来ならグリーンに乗せるはずのショットが
OBや林の中に入ったりして
大きくスコアを崩してしまいます。

 

シャンクを防ぐためには、
付け根の部分に当たらないように打つことです。

 

でも、付け根の部分に当たるのはなぜでしょうか?


クラブフェイスが開いている

ゴルフ100切り

インパクトのとき、
クラブフェイスが開いていると、
シャフトの付け根が前にいきます。

 

そのため、付け根に当たりやすくなり、
シャンクが出ます。

 

例えば、

  • ハンドファーストが強すぎる、
  • すくい上げるスイング、
  • 当てようとして右足が前に出る、

などの理由でクラブフェイスが開くと、
シャンクが出やすくなります。

 

コースでシャンクが出たら、
このオープンフェイスを修正する必要があります。

 

クラブフェイスをかぶせる

ゴルフ100切り

 

コースでスイングを修正すると、
別のミスが出る可能性があります。

 

リズムが悪くなり、
その日1日のプレーがグダグダになる可能性が高いです。

 

なので、スイングは修正せず、
クラブフェイスをかぶせることが有効です。

 

クラブフェイスをかぶせると、
シャフトの付け根が後ろになり
シャンクしにくくなります。

 

アドレスからクラブフェイスを左に向けるだけでなく、
グリップごと左を向くようにします。

 

そのままでは左に飛ぶ可能性があるので、
目標をいつもより右に設定します。

 

スタンスは右を向いていても、
クラブフェイスは目標を向いているようにアドレスします。

 


アウトサイドインのスイングになっている

スイングがアウトサイドインになると、
ボールがクラブの付け根に当たりやすくなります。

 

なぜかというと、アウトサイドインのスイングをすると、
スイング方向に対してフェイスが開いているからです。

 

なので、スイング方向に対して、
ネック部分が前になるため
シャンクしやすくなるのです。

 

自分ではまっすぐアドレスしているつもりでも、
目標より左を向いていると、
アウトサイドインのスイングになります。

 

この場合も、フェイスが開いているときと同じです。

 

クラブフェイスをかぶせて、
目標より右を狙うことにより、
シャンクしにくくなります。

ボールとの距離が近い

また、ボールの近くにアドレスする人も、
シャンクが出やすくなります。

 

なぜシャンクしやすいかというと、
スイングのふところが狭くなるからです。

 

スイング中、手の通るスペースがないので、
手元が体から離れやすくなります。

 

手元が体から離れると、
クラブフェイスが開き、
シャフトの付け根に当たりやすくなります。

 

クラブの先で打つようにする

 

ボールとの距離が近い人は、
極力ボールから離れて
アドレスすればいいと思います。

 

でも、ボールから離れるのに違和感がある人は、
クラブの先で打つようにすれば
シャンクしにくくなります。

 

アドレスてボールが
クラブのトゥにくるようにアドレスして
そのままトゥで打つつもりで打てば
ネックに当たりにくくなります。

 

多少飛ばなくなるかもしれませんが、
とりあえずシャンクは収まるでしょう。

 

極力アイアンを使わないようにする

ゴルフ100切り

コースでシャンクが出るようになると、
アイアンを打つのが怖くなります。

 

特に、上げるアプローチやバンカーなど、
クラブフェイスを開いて打つショットは
打つのが怖いでしょう。

 

なので、できるだけシャンクの出やすいショットを
しないように戦略を立てるのも有効です。

 

例えば、アプローチショットでシャンクするなら、
フルショットでグリーンの周りまで打てる位置に
ショットを刻むことです。

 

バンカーやバンカーの手前などは、
上げるアプローチを打たなければいけないので
バンカーを避けたショットも有効になります。

 

また、ウッドやユーティリティーのクラブは
絶対シャンクしません。

 

なぜなら、付け根の部分が
クラブフェイス上にないからです。

 

なので、アイアンを使わず
ユーティリティークラブで軽く打って
距離を合わせるのも有効な手段です。

 

シャンクの出そうなショットをしないように、
グリーンまでの距離を考えたショットをすることです。

 


根本的なシャンクの治し方

ゴルフ100切り

コースでシャンクが出るようになったら、
フェースの向きやスイングの軌道が
正しくなっていない証拠です。

 

練習場で根本的に修正しなければ、
またシャンクは再発してしまいます。

 

スイング軌道が極端なインサイドアウトになったり
アウトサイドインにならないように
スイング軌道の修正が必要です。

 

右サイドを使いすぎている

 

シャンクの原因のほとんどは、
右手や右足を使いすぎている
というパターンが多いです。

 

ゴルファーの大半は右利きです。

 

なので、無意識的に右サイドを使う動きになりやすいです。

 

例えば、ボールに当てようとすると
右足が前に出てきて
インサイドアウトのスイングになります。

 

右手を強く使おうとすると
右肩が前に出てきて
アウトサイドインのスイングになります。

 

打ち終わった後フィニッシュで
スイングを止めてみてください。

 

そうすれば、どんなスイングだったかわかると思います。

 

右足のかかとが前にむかって浮いていたら、
インサイドアウトのスイングです。

 

極端に左を向いていたら
アウトサイドインのスイングになっているのでしょう。

 

逆に、右足をあまり動かさず、
左手主導でスイングすると
そのようなフィニッシュにはならないはずです。

 

ボールのそばにゴムティーを置く

 

インサイドアウトやアウトサイドインの
スイングになっていることを確認するには
ボールの近くにゴムティーを置いて打つとよくわかります。

 

例えば、インサイドアウトのスイングになっていると、
ボールの右前や左後ろのゴムティーに当たります。

 

なので、右前や左後ろのゴムティーに
当たらないように打つことでスイング軌道が修正されます。

 

アウトサイドインのスイングの場合は
左前や右後ろのゴムティーに当たるので
左後ろ右後ろのティーに当たらないように練習します。

 

あなたがどんなスイング軌道で打っているかは、
ボールのそばにゴムティーを置いて打ってみればよくわかります。

 

なので、そのゴムティーに当たらないように練習することで
スイングの軌道は修正されていきます。

 

是非、参考にしてみてください。

 

 


スポンサーリンク