ゴルフを始める費用は2000円で十分!お金をかけずに楽しむ方法

ゴルフ練習 ラウンド
スポンサーリンク

ゴルフに興味があるけど、
お金がかかるイメージがあって、
始められないという人も多いと思います。

確かに、道具にかかる費用も高いし、
プレー代やその他の費用も高いと
続けられるか心配になりますよね。



でも、ゴルフにかかる費用は本当にピンからキリまであって、
極端な話、道具がなくとも始めることはできます。

ゴルフの練習だけなら、
クラブ1本とグローブさえあればできるからです。

少なくとも、ゴルフを始めるに当たっては
ほとんどお金をかけずに始めることもできると思います。

なので、あまりお金の心配をせず、
とりあえず打ちっ放しから始めてみてはいかがでしょうか?

道具にかかる費用

ゴルフを始めるにあたって、道具を揃える必要があります。

しかし、いきなりコースに出る訳ではないので、
まず練習場で球を打つための準備になります。

いきなりフルセット揃えてもいいですが、
続けられるかどうかもわかりません。

とりあえず打ちっ放しで感じをつかむだけなら、
クラブ1本とグローブだけで十分です。

打ちっ放しなら、服装は動けるものでいいので、
ジャージでも、普段着でも大丈夫です。

靴も運動靴など磨り減ってもいい靴なら大丈夫でしょう。

クラブやグローブは打ちっ放しで借りることもできます。

レンタルを利用すれば
打ちっ放し1回あたり200円から500円くらいの費用です。

しかし、ある程度回数をこなすなら、
レンタルでなくて購入することをおすすめします。

クラブは中古ショップでも売っています。

例えば、ゴルフパートナーやゴルフドウなど、
あなたの家の近くに中古ショップがあれば
覗いてみてください。

毎回レンタルすることを考えると
購入した方がかえって安いです。

それと、毎回違うクラブを使うので
感覚がつかみにくいという理由もあります。

バラ売りのアイアンが1本1000円くらいで打っているので、
7番アイアンから9番アイアンのような短めのアイアンを
1本購入すればいいと思います。

まずは短いクラブがしっかり打てるように練習しておくことです。

クラブセットを購入するのは、
それからでも遅くないと思います。

グローブも贅沢言わなければ、
500円から1000円くらいで打っています。

なので、打ちっ放しデビューするなら、
1500円から2000円くらいで始められます。

いざコースデビューするときは

いざコースデビューするとなれば、
それなりの道具を揃える必要があります。

コースに出るときに必要なものは、

  • ゴルフクラブ(ハーフセットでも可)
  • キャディバッグ
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフボール(1ダース)
  • ティー(ロングティー、ショートティー)
  • グローブ

これくらいのものが必要です。

この中で、
ゴルフボールは1ダース1000円くらいからあります。
グローブも1000円以下で買えるし、
ティーはドライバー用のロングティーとアイアン用のショートティーが一緒に入ったものが数百円で買えます。

この中で費用がかかるものは、
ゴルフクラブ、キャディバッグ、ゴルフシューズです。

しかし、ゴルフクラブとキャディバッグは、
セットで購入することもできます。

ハーフセットでも十分100が切れますので、
安く上げようと思ったら、
ハーフセットを購入するという選択もあります。

ハーフセットとは、
アイアンが奇数の番手しか入っていないセットです。

だいたい、ウッドが、ドライバーとフェアウェイウッド1本、
アイアンが7,9番とピッチングウェッジとサンドウェッジ、
とパターのセットです。

ハーフセットは、キャディバッグも含めて
レディースは30000円台
メンズは40000円台からあるので、
ゴルフに興味のある人は検討してみてください。

あと、ゴルフシューズは安いもので5000円くらいからあります。

合わないシューズをはくと足が痛くなるので
試着してみて履きやすいものを購入するようにしてください。

これだけあれば、十分にコースをラウンドすることができます。

スポンサーリンク

打ちっ放しの費用

ゴルフの練習場で球を打つ費用は、
1回あたり1000円から2000円くらいが相場です。

練習場にもよりますが、1球あたり5円から20円です。

都心の土地代が高い打ちっ放しだと30円以上するところもあります。

あるいは、料金定額で打ち放題という安い打ちっ放しもあります。

でも、打ちっ放しにかかるお金はピンからキリまでありますが
だいたい1球10円程度が相場だと思っておいてください。

また、打席料が100円から200円かかるのが一般的です。

打席料が無料の練習場もあります。

例えば、1球あたり10円で100球練習して、
打席料が200円だと1200円という計算になります。

だいたい1回あたり100球くらい打つのが一般的で、
200球真剣に打つとかなり疲れます。

なので、1回の練習で1000円~2000円程度あれば、
かなり満足できる練習ができるのではないでしょうか?

少しでもボール代の安い打ちっ放しに行けば、
少ない金額で満足のいく練習ができます。

料金システムに関しては、
近くの練習場のホームページなどで
あらかじめチェックしておくといいと思います。

スポンサーリンク

コースにかかる費用

あなたが一番気になるのは、
コースでラウンドする費用ではないでしょうか?

一昔前なら、1ラウンド3万~5万円、
高いコースならもっと高いコースもありました。

しかし、それはバブル時代の話

インターネットが普及した今の時代は、
どこのコースも価格が開示されているので、
競い合って値下げをしています。

なので、土日祝日でも、
10000円以下で1ラウンドできるコースも増えています。

よほどの名門コースでなければ、
20000円を超えることはないでしょう。

交通費を含めて1万円から2万円で、
昼食付きで1ラウンドできると思います。

これくらいの費用なら、月に1回くらいは
コースに行くことができるのではないでしょうか?

プレー代の安いコースはいくらでもある

プレー代の安いコースは探せばいくらでもあります。

例えば、早朝スループレーや午後スループレーといった
昼食を取らないでプレーするプランを予約すると
それだけで割引になります。

また、1ラウンドでなくても、
9ホールだけのハーフプランもあったりします。

それだと、1回5000円以下でラウンドできます。

ハーフだけのプレーだと、
時間的にも短くなるので
残りの時間で他の予定も入れられます。

なので、あなたに合ったプレースタイルのできるゴルフ場を
自分で探すことができるのです。

どうやって探すのかというと、
ゴルフ場の予約サイトを利用することです。

ゴルフ場予約サイトを見れば
どこのゴルフ場が安いのか一目でわかります。

あなたの都合のいいプランがあるかどうかも
きっと見つかるでしょう。

例えば、あなたの家の近くで最も安いゴルフ場を選べば
交通費も含めて安くできるのではないでしょうか?

さらに、ゴルフ場予約サイトから予約することで、
ポイントもつくので次回からのプレー代がさらに安くなります。

なので、ゴルフのプレー代を安くしたい
という人はゴルフ場予約サイトを利用してはいかがですか?

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

これまでのことをまとめると、
ゴルフにかかる費用は…

道具にかかる費用が
キャディーバック付きのハーフセットで、
レディース 30000円~
メンズ 40000円~

ゴルフシューズが5000円~
その他消耗品が3000円~

打ちっ放しにかかる費用が
1回あたり1000円~

コースに行く費用が
1回あたり10000円~
ハーフなら5000円~
でも、探せばもっと安くなります。

ゴルフにかかる費用は、高いと感じましたか?

ゴルフの道具をそろえるのに
安いものでそろえれば
だいたい4~5万円くらいです。

しかし、いきなりコースに出る前提で道具を揃えるよりも、
まずは中古クラブ1本購入して、
打ちっ放しに行くだけでもアリかと思います。

クラブ1本とグローブがあれば、
運動靴と普段着でも、打ちっ放しデビューできます。

グローブやクラブを貸してくれる友達がいたら、
練習場代だけしかかかりません。

まずは練習場でゴルフの楽しさや難しさを
体感してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました