100切りに必要な練習法

100切りをするために必要な練習法とは?

あなたは、練習場ではどんなクラブを練習していますか?

 

飛ばないからといって
ドライバーの練習をたくさんしていませんか?

 

飛距離をもっと伸ばしたいのなら
それもアリなのかもしれません。

 

でも、ドライバーの練習をしすぎると、
アイアンやアプローチがうまくなりません。

 

100切りをしたいなら、
アイアン、特にショートアイアンを
みっちり練習すべきです。

 

特におすすめなのは、
サンドウェッジで決めた距離を打つ練習です。

 

例えば、順番に
70ヤードをフルショット 10球打つ、
50ヤードをハーフショット 10球打つ
30ヤードをアプローチ 10球打つ

 

練習場で練習するときは、
このメニューを取り入れることがおすすめです。

 

この練習を続けていけば、
100ヤード以内の距離感がつかめてくるはずです。

 

ショットが不安定な時は、
どうしても中途半端な距離が
残ってしまうことがあります。

 

この中途半端な距離は、
日ごろから練習していないと、
意外とミスしてしまうことが多いものです。

 

でも、中途半端な距離でも
グリーンに乗せられるようにしておけば、
大叩きは防げるでしょう。

 

ここで大切なのは
グリーンに乗せられるようにする、
ということです。

 

本番のグリーンは縦横30ヤードはあります。

 

なので、±15ヤードの範囲に打てればよいです。

 

つまり、きっちり打てないからといって
あまり落ち込む必要もありません。

 

ざっくりの距離感で大丈夫ですよ♪

 

大切なのは、コースでいきなり打つことになって
困らないようにする、ということです。

 

これは、私の主観ですが、
練習場で観察していて、
いかにもこの人ゴルフ部だな、
とか、バリバリ競技会に出ているな、
と思う人は、必ずといっていいほど
アプローチの練習から始めています。

 

練習場でアプローチ練習はもったいない、
という人も結構いますが、
スコアメイクのためには大切な練習です。

 

物理学に基づくゴルフ理論とは?

短期間でスイングの悩みが解消、
飛距離も伸びた。

理にかなった理論だから
スイングに自信が持てる。

ゴルフスイング物理学の
レッスン動画の一部をご紹介!

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓