グリーンオンのザ・ゴルフウオッチ ノルムを深掘りレビュー

ザ・ゴルフウオッチ ノルム ゴルフナビ
スポンサーリンク

グリーンオンのザ・ゴルフウオッチ ノルムとは
腕時計タイプのGPSゴルフナビです。

1万円台で買えるカラーの腕時計タイプの中では
最安値のゴルフナビです。



この機種は私が購入して使用していますので、
使い勝手やメリットデメリットなどを
お伝えしたいと思います。

これからのGPSゴルフナビの購入に
役立てられれば幸いです。


私がこの機種を選んだ理由

私がザ・ゴルフウオッチ ノルムを選んだのは、
第一に値段が安いからです。

1万円台で、必要な情報が見ることができて、
使い勝手なども考えたうえで購入しました。

決め手になったのは、
コースレイアウトが表示されるという点です。

ハザードまでの距離が表示されるだけなら、
他にも安い機種はありました。

でも、ハザードのアイコンと距離が表示されるだけで、
わかりにくいんじゃないかと思いました。

確かにハザードまでの正確な距離は表示されますが、
一つ一つハザードと見比べなければいけません。

それでは、時間がかかってしまい、
プレーが遅くなります。

それよりは、コースレイアウトが表示されて、
レイアウトの中で距離がわかる機能があった方がいい。

その方が、判断が早くできる。

そんな基準で選びました。

競技ゴルフでも使いたかった

2019年にルールが改正されて、
競技ゴルフで距離測定器の使用が認められました。

ただし、高低差の補正をする機能は
使ってはいけないようです。

高低差補正機能とは、
上り傾斜や下り傾斜を計算した距離を表示してくれる機能です。

例えば、直線距離が同じでも、
上り傾斜ではボールは飛ばなくなるし
下り傾斜ではボールは飛びます。

高低差補正機能が付いていることで
より精度の高いクラブ選択ができるようになります。

そこまで、便利な機能は、
競技ゴルフでは使えないということですね。

もし、高低差補正機能が付いていても、
オフできる機種は使えます。

私は、月例などの競技に出たいので、
高低差補正機能がオフできるか、
その機能が付いていない機種を探していました。

ノルムの上位機種でPREMIUM(プレミアム)という、
高低差補正機能の付いた機能がありますが、
オフできないので競技には使えません。

最上位機種のA1(オールインワン)ならオフできるようですが、
価格が4万円以上するので断念しました。

PREMIUM(プレミアム)の中には
角度センサーが入っていて、
傾斜の角度を計算する機能があります。

同時に、スタンスの向きを
チェックする機能も付いています。

コースで正しい向きにアドレスするのは難しいです。

アドレスで無意識に右を向く理由とは?意外に簡単な直し方

もし、競技に出ないのであれば、
3千円高いPREMIUM(プレミアム)の方を選んだかもしれません。

スポンサーリンク

ザ・ゴルフウオッチノルムのメリット

ここからは、ザ・ゴルフウオッチノルムの
便利な所をご紹介します。

腕時計タイプなので落とす心配がない

ザ・ゴルフウオッチノルムは腕時計タイプなので、
腕に装着したまま使用できます。

従って落とす心配がなく
安心して使用することができます。

ポケットに入れるタイプだと、
ポケットから転がり落ちてしまうことがあります。

しかも、ポケットがいっぱいになってうるさくなるし、
ボールなどと一緒に入れると
ゴツゴツ当たり傷がつきやすくなります。

腕時計タイプならそんな心配はいりません。

スマートに使用するなら、
断然腕時計タイプが便利です。

グリーン手前、センター、奥の距離を表示してくれる

アプローチ

レーザー距離計に比べて
GPSゴルフナビが優れているところは、
グリーン手前、センター、奥の距離表示ができるところです。

レーザー距離計だと、
見えない場所までの距離が測ることができないので、
打ち上げのショットの場合、
グリーン手前や奥までの距離はわかりません。

また、レーザー距離計は、
一つ一つ距離を測る必要があります。

旗が見えない状況なら、
ピンまでの距離もわかりません。

それに対して、GPSゴルフナビなら、
見えない場所までの距離もわかります。

サッと見ることができるので、
スロープレーにもなります。

ピンまでの距離がわかっても、
グリーンの手前までの距離がわからないと、
キャリーが足りないこともありますし、

グリーンオーバーさせないクラブ選択をするために、
グリーン奥までの距離が必要な場合もあります。

GPSゴルフナビのほとんどの機種でこの表示はできますが、
クラブ選択をするうえで必要な機能といってもいいでしょう。

ハザードまでのだいたいの距離が一目でわかる

距離円

距離計を使って距離を測るのは、
ピンまでの距離だけではありません。

池やバンカー、ドックレッグのコーナーなど、
様々な距離を測ることでコース戦略を立てることができます。

レーザー距離計でそれらの距離を測ると、
一つ一つ測定する必要があり
判断するのに時間がかかります。

ゴルフウオッチ ノルムには、
レイアウト表示画面があり、
その中に現在位置から100ヤードと200ヤードの
同心円が表示されています。

その画面を見れば、
バンカーや池まで何ヤードあるのかが、
だいたいわかります。

また、ドックレッグのホールのコーナーや
突き抜けるまでの距離もわかり、
狙う方向やクラブ選択に役立ちます。

ハザードまでの詳細な距離表示もありますが、
一つ一つ見ていかないといけないので
やはり時間がかかります。

なので私の場合、
ハザード距離表示はあまり使っていません。

レイアウト表示でだいたいの距離がわかり、
クラブ選択もできるので、
レイアウト表示の方が便利だと思います。

欲をいえば、150ヤードと250ヤードの
同心円があればいいと思いますが、
100ヤードと200ヤードだけでも十分使えます。

アプローチ、パターの距離も測ることができる。

ショットディスタンス機能

ゴルフウオッチ ノルムには、
ショットの距離を測る機能があります。

ショットの前にプラスボタンを押すと、
押した位置から何ヤード離れたか
距離を表示します。

なので、ティーショットの位置でボタンを押し、
セカンド地点に移動すると、
ティーショットの飛距離が表示されます。

でも、この機能を使って、
アプローチやパターの距離も測ることができます。

ボタンを押した位置からの距離が表示されるので、
アプローチ、パットのボールの位置でボタンを押し、
カップの位置まで移動することで距離を測ることができます。

また、ボールとカップの間で
落とし場所はどの辺になるのかも、
距離を確認しながら測ることができます。

ゴルフナビはピンまでの距離が測れない、
と思っている人も多いと思いますが、
ショットの距離を測る機能があるゴルフナビなら
このような使い方でアプローチの距離が測れます。

スポンサーリンク

ザ・ゴルフウオッチノルムのデメリット

ここでは、ザ・ゴルフウオッチノルムの
不便だと思ったところをご紹介します。

ボタンが押しにくい

これは、腕時計タイプ全般のデメリットといえますが、
ボタンが押しにくいというデメリットがあります。

このゴルフウオッチノルムも
ボタンの周囲を固いプラスチックで覆ってあるため、
指の腹で押しても反応しないことがあります。

それは、手首を曲げた時に
間違って手の甲で押さないようにするためです。

やはり、スイングで手首を折り曲げて、
手の甲に触れただけで画面が変わってしまっては
とても使いにくいと思います。

腕時計タイプは多かれ少なかれ
簡単に押せない工夫がしてあり
ボタンが押しにくいデメリットはあると思います。

なので、そこは割り切って使うしかないでしょう。

私の場合、人差し指の先の爪で押すようにしています。

ちょっと手が痛くなるのがデメリットです。

コースデータはダウンロードしなければいけない

ザ・ゴルフウオッチ ノルムには、
最初コースデータが入っておらず、
そのままでは使えません。

多分、メモリチップを小さくして
コストダウンするためだと思います。

コースデータは、
スマートフォンにアプリをインストールして、
そこからダウンロードするようになっています。

さらに、コースデータは
10個までしかダウンロードできないようです。

決まったコースしか行かない人は
それでもいいかもしれません。

でも、いろいろなコースで使いたい人には
合わないと思いました。

私の場合は、決まったコースしかラウンドしないので、
この機種を選びました。

高低差補正はできない。

前に述べた通り私が購入した、
ゴルフウオッチ ノルムには、
高低差補正機能がありません。

なぜこの機種を選んだかというと、
月例などの競技ゴルフがしたかったからです。

高低差補正機能は、
競技ゴルフでは認められていないため、
機能をオフできるものでないと使えないのです。

上位機種であるPREMIUMには高低差補正機能が付いていて、
最上位機種のA1はオフできるようです。

一つうえの機種は19800円ですが、
オフできないので購入しませんでした。

もし、競技ゴルフはしない、
もっと精度の高いクラブ選択ができる機種が欲しい
という人であれば一つ上の機種を購入した方がいいかもしれません。


スマートフォンがないと使えない

ザ・ゴルフウオッチノルムは、
スマートフォンからコースデータを
ダウンロードしなければ使えません。

そのため、スマートフォンがないと使うことができないと思います。

アプリはAndroid版とiPhone版があります。

なので、クロームブックやiPadなどを持っていれば、
そこからダウンロードできると思いますが、
Windowsパソコンでガラケー使用の人は
ダウンロードできない可能性があります。

購入するときは注意してください。

充電コネクタの防水カバーは別売り

ザ・ゴルフウオッチノルムは、
裏側に充電コネクタが付いています。

そこから充電して使うのですが、
コネクタの防水カバーが付いていません。

なので、そのまま雨の中で使うと壊れます。

防水カバーは3個入り1200円くらいで
別売りしています。

多少高くなっても
防水カバーくらい付けて欲しいですね。

価格を下げるために
いろいろコストダウンしたところが見られます。

スポンサーリンク


どんな人におすすめか

この記事では、
私が購入したゴルフウオッチ ノルムの
いい点、悪い点をお伝えしました。

まとめると、
価格は安くて必要な情報がわかりやすく見られる、
でも、コストの制限があり割り切りが必要

ということです。

結局、どんな人におすすめかというと

  • GPSゴルフナビが欲しいけど安く済ませたい
  • ピンまでの距離だけでなく、ハザードまでの距離やアプローチ、パターの距離も測りたい
  • 決まったコースしか行かない
  • 競技ゴルフでも使いたい
  • スマートフォンを使用している

という人におすすめです。

使い勝手が良く、
必要な情報が素早く見られる、
というのはクラブ選択も早くなるので
リズムが良くなりプレーにも好影響です。

気になる人はこちらをクリックしてご覧ください。
↓ ↓


競技ゴルフはしないという人は、
もう一つ上のPREMIUMがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました